** admin *** NewEntry **

なんか救われたサイト

ここ数日、大好きな趣味であるペン習字も、億劫で体も重く、おまけに指も痛くてご無沙汰しています。会社を病欠しただけでなく、久々に家事を全くせず横になりトロトロとだらしなく眠っていました。

少し救われたのは、先週のこと、旦那が「無理してお弁当の準備しなくても、夕飯の料理しなくてもいいよ」と言ってくれたこと。仕事で忙殺されて荒んでいたときはあんなに意地悪だったのにね…。まぁ人間ですから。

それでお言葉に甘えて、洗濯は溜め込み、夕飯の支度もここ4日ほどはせずに寝ていました。唯一食材の消費期限が気になって仕方なかった。いつ落ちるから分からないので、食材を買うのは調子が良いとき一度にさばける量だけ買うことにします。今回は旦那が気を利かして安かったからと買ってきてくれた野菜がね…


最近みつけて、ちょっと救われたサイトがありました。随分前に作成されたもののようです。

まずウツで「体が重いことについて」

うつ病の主な症状

冒頭で脳内化学物質により「体が重い」という症状が出るという説が…というくだりがあり

うつ病になったことのない人でも、熱を出して寝込んだことがない人はいないでしょう。
うつ病さんが「体が重くて学校行けないの」と言うのは、高熱で体が辛くて行けないのと同じだと思っていいと思います。
考えがまとまらないのも、同じ。外に出るのが辛いのも、同じ。
そう考えれば、うつ病さんの体が重いという症状は、とてもわかりやすいと思います。
実際私も闘病時代は、ああいう有形力の力で、体が重くて辛かったです。
だけれど、うつ病の切ないところは、例え体の重さが何倍にも感じられていても、体温などの変化があるわけではないことです。
でも体温が上がっていなくても、実際にうつ病さんはそういう苦しみにさらされています。
高熱なのに、頑張って学校行ったり会社行ったりするのは、相当の体力と精神力を要しますよね。心身共に健康な人にだってなかなかできないことです。
それを周りの人たちも、うつ病さんご自身にも、理解してもらいたいです。
うつ病さんにとって、「無理をする」ということは、それくらいに辛いことなんです。
本人の気の持ちようとか、やる気とかでどうにかなる問題ではありません


ちょっと長い引用ですが、こう説明されています。そっか、高熱で体が重いのと似ているのね、って思ったら、ここ数日の単にうつ状態なだけなのに体が重いというのも合点がいきました。

それから「無気力について」
うつ病の主な症状

気力がないというこは、それだけ身も心も疲れ果てていることを意味します。
貴方の心の傷を癒す時なのだと、体が訴えているのだと思います。
うつ病の症状でもありますが、健康な人であっても疲れ果てた時に無気力になることは誰でもあるでしょう。
そういう時は好きなことをしてのんびりするのが一番。
うつ病さんの場合は特に、今まで頑張ってきた分、今は休めと体と脳が訴えてる時なんです。
だから、うつ病さんは頑張ってはいけないのです。無理するのも良くありません。
常に無気力、それは常に身も心も疲れ果てている状態ということだからです。



この辺はこの年始に、主人にカウンセリングの先生と面談してもらったときにも説明されたのだけど、結局理解されず仕舞いだったんだっけ。でも昨夜、「高熱でも会社に行けるか?」の例を出したら、なんかわかってくれたみたいだった。当の本人だって、自分が怠けているとしか思えないのだから、他人に解れと言っても難しいのは当然で「高熱」で理解してもらえたのは驚きだった。

指の痛みも分かろうと努力してくれてはいるようだ。


それはそれとして
昨夜も執拗ないじめ?で久々にいい歳をして泣きながら眠った。ここから脱出できないどうしようもない無力感と悔しさ。最近なんだけど、そういうときまずキレそうになり、それから死にたくなる。反撃する不毛さと、時間の浪費がわかっているから、反撃はしない。明日も出勤する主人のことを考えると、なおさらできない。ただ「そういうのは辛い」としか言わない。目の前でキレるのもマズイとわかっているから、部屋でリスパダールを少しだけ飲む(あれ1本(1ml)飲むとぶっ倒れるので)。


きょうも愚痴で終わり。

最近始まった関節のこわばりの強さも、発症したときとほぼ同じぐらいなんだけど、これもいつまで続くのか治るのか…不安です。
line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

No title

やるきがない。
私も最近ますますやる気というか、エネルギーがなくなって、ブログもかいていない。
ペインのドクターが引退して、それから、痛みが悪化し、コントロールのすべを失いました。
いつかは、引退のが来ると思ってました。
捜しても同じ技術をもつ医師は皆無。

頑張って、痛みと戦う機運が失せてます。

狛犬さんへ

寝込んでいて、返事遅くなってごめんなさい。
私も主治医が栄転されてどんなに辛く心細かったことか…お気持ちがわかります。

痛みのほうは私が15年かけて今はある程度コントロールできているので、狛犬さんの状況がわからず、です。お薬も医療も進歩しているのに…お気を落とさずにお大事にしてください。気力も回復したらまた何とか戦ってください。私は応援しています
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line