** admin *** NewEntry **

追悼・無料放送:日隅一雄氏:東電・政府は何を隠そうとしたのか


■ 追悼・無料放送:日隅一雄氏:東電・政府は何を隠そうとしたのか Part1 - YouTube

マル激トーク・オン・ディマンド 第568回(2012年03月03日)
追悼・無料放送
東電・政府は何を隠そうとしたのか
ゲスト:日隅一雄氏(弁護士・NPJ編集長)
 火事で火が燃えさかる最中、とりあえず出火の原因究明や責任の追及は後回しにして、まず優先されるべきことは人命救助と消火になることはやむを得ない。しかし、起きた事故­のスケールがあまりにも大きい場合、その収束に時間がかかるため、いつまでたっても原因究明や責任追及がなされないまま、事故そのものが風化してしまったり、世の中の関心­がよそに向いてしまったりするリスクがある。
 福島第一原発の事故も、そんな様相を呈し始めている。昨年の3・11からの1年間は、日本にとってはもっぱら起きてしまったことへの対応に追われる1年だった。しかし、大­地震と津波で福島第一原発が全ての電源を喪失し冷却機能を失った時、政府および東京電力がその事態にどのように対応し、その時政府や東電内部で何が起きていたのかが十分に­検証されたとは、とても言いがたい…。



弁護士:日隅一雄氏が亡くなりました。それを受けての無料放送です。3月収録のものになります。1部と2部で1時間40分ほどです。



今日の病状:手指むくみ■■□□□。寝不足だと背中がひどく痛くなる。これはなんでだろう?シャワーを浴びて早速手足の井穴刺絡をしてみた。…うーん、即効性なし。湿布を貼る。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。


line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

紫陽花革命

悲喜交々です

日隅先生はずっと応援しておりました。主人の同業で最期までまで東電の会見(おしどりまこさまも)に通われて...ショックでした。

昨日は官邸前のデモです
://hibi-zakkan.sblo.jp/article
/56646726.html

前にhttpを~
付けるとはじかれるから~

私はustreamのliveで応援
54000人参加、8万人の人が
live見ていました。
又一週間後デモがあります。

前回は撮影していた女性が
堪えきれずに泣いていました。

広瀬氏、落合恵子さん、川田龍平さん皆さんがみえています。

広瀬先生より

://hibi-zakkan.sblo.jp/article/56524419.html

前にhttpをつけて~
どうか10万人にしたいです。
拡散して下さい。

フクシマでは子供達の多くが
既に嚢胞が出来、8月の時点で
多胎児を妻が身ごもったと
ユーチューブで訴えていた人が

ふくしまの人を棄民にしている
野田は許せません。

福井県の住民はフクシマの
現状を見なさい。
再稼働を許したら今度は
加害者になるのです。

ここで許したら日本は世界の
笑いものです。

なんとしても未来のある子供を
守らないと~

私はすっかり元気になり
街頭署名に立ったり
しています。

私の薬は何だったのかしら~
2~3時間歩いたって平気に
なっています。



3さんへ<Re: 紫陽花革命

3さんご無沙汰してました。また来てくださってありがとうございます。

とても元気になられてよかったです。街頭署名までやられるなんて…。



> ここで許したら日本は世界の
> 笑いものです。
>
> なんとしても未来のある子供を
> 守らないと~

これは同感です。世界が日本の原発再稼働をどう思っているか、国民はたぶんあまり知らないと思われます。マスメディアは報道を制御しているから。

子供たちは増えず、若者は自殺していく国。

厚生年金を満額納めて退職した父の世代は悠々自適の生活をしています。当然の権利だと思って。そうかもしれないけど、日本全体を見つけたら、そんな生活していられるのが不思議です。自分さえよければいい…って。

腑に落ちないことばかりです。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line