** admin *** NewEntry **

東京高裁の園尾隆司裁判長を覚えておきましょう


■ イレッサその後

ビデオニュースで、記者会見の模様と、ニュースコメンタリーが無料公開されましたので、お知らせします。

原告団記者会見の模様
イレッサ薬害訴訟で原告が逆転敗訴、上告へ - プレスクラブ - ビデオニュース・ドットコム インターネット放送局


予防原則の常識を根底から覆すイレッサ逆転無罪判決 - ニュース・コメンタリー - ビデオニュース・ドットコム インターネット放送局


この日の判決で東京高裁の園尾隆司裁判長は、イレッサを処方した専門医は間質性肺炎による死亡の可能性を知っていたはずだとして、副作用の警告に致死的との表記がなかったことが直ちに欠陥とはいえないとの判断を示した。
 しかし、この判決の中で、今後の司法に大きな影響を与えることが懸念される部分は、判決が予防原則の法的解釈を示した部分だった。園尾裁判長は、疑いがある段階で一定の対応を求める「予防原則」を、薬事法や製造物責任法上は適用されるべき概念だが、それをもって直ちに賠償責任が生じることにはならないとする、予防原則の新しい解釈を示したのだ。
 判決によると、イレッサが「死亡につながる重大な副作用が生じる疑い」があるにもかかわらず、十分な警告をしなかったことは、薬事法上や製造物責任法上の予防原則には抵触する可能性があるが、それだけで直ちに損害賠償責任を問えないとすれば、賠償責任は何によって生じることになるのか。この裁判が薬事法違反や製造物責任者法違反を争う裁判であれば、有罪となる可能性はあったが、損害賠償を求める民事訴訟では賠償責任は認められないという判断はある得るのか。



もうすぐYouTubeでも公開されると思いますので、そのときはまたお知らせします。司法に関する難しいことの考え方、解きほぐし方が少し分かるような気がします。法律は難しいです。そして、馬鹿が裁判官が出した判決でも、判例として今後効力を持つことを考えると、今回の不真面目な判決は許しがたいものがあります。最高裁ではないので、罷免することは我々にはできませんが、

東京高裁の園尾隆司裁判長

この名前は覚えておきたいと思います。



今日の病状:手指むくみ■■■■■。上半身の関節が全部痛くて辛い。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。

line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line