** admin *** NewEntry **

イレッサ敗訴 -- 冗談でしょ?


■ イレッサ敗訴、ショックを通り越して唖然です


イレッサ訴訟、国と企業の責任を否定 - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン



また、医薬品の投与と有害事象との間に「因果関係がある可能性や疑いがある」場合は、幅広く「副作用症例」とする薬事行政上の扱いとは異なり、民事損害賠償法上の違法性を判断するには、因果関係の事実に基づくべきだとの判断も示した。

 国の責任については、同社の責任が認められない以上、「論じるまでもない」と結論付けた。



一審被告らからも新しい立証は全くなく,2回で結審,3週間後に判決
--- 弁護士 白鳥玲子氏のTweetから


一審からスピード結審だったそうです。


そして、国は責任逃れ。命の重みを何だと思っているんですか!

原告側一転敗訴、国側「主張認められた」 - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン


医薬品と副作用の因果関係について、高裁判決は予防原則に基づかない「特異な考え方」を前提にしているとして、「医薬品安全対策に関する基本的な理解を欠いた前代未聞の立論」「薬害を防止することなどできない」と批判した。さらに、「専門医であれば危険性を理解できた」とするのは、「現場の医師に責任を転嫁している」と指摘した。



命を第一に行動する医師を育てるのを怠らないのが国のつとめでしょう!?

…もしかして…「因果関係を立証できなければ」というくだりが、いやーな予感。被爆による発ガンが将来起きたときも、因果関係なんて証明のしようがないわけで…。その伏線か?


■ おぉ「見えない障害」バッチがマスメディアに載ったみたい

見えない障害:バッジで知って 自己免疫疾患の作家ら制作 - 毎日jp(毎日新聞)

全身が激しく痛む病気「線維筋痛症」を抱える会社員、楠田華枝さん(38)は、バッジをマフラーや上着につけている。電車で立っていると揺れるたびに痛みに襲われるが、高齢者でもない自分からは「席を譲って」とは言い出しにくく、じっと耐えている。



あまりに痛いので、きょうはこれにて落ちます。



今日の病状:手指むくみ■■■■■。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。

line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

お願い!!

ろばさま
ご無沙汰しています
今日、偶然に強皮症ブログの輪に行って見ました。
さるさるが終わってからのブログが公開されていませんでした。
http://d.hatena.ne.jp/tenshinotameiki/
新しいブログの天使のため息の名前はそのまんまです。
替える事が出来るなら、よろしくお願いします。

何時もいつも読み逃げばかりで申し訳ありません。お手数おかけいたします。

Re: お願い!!

マザー★さま

さるさるが終わったのを気付かず、最後に見に行ったのが入院中だったのでした。ほんとにごめんなさい。
自動的にリンク切れがわかる仕組みが必要ですね。

リンクは変更終了していますが、サムネイル(小さな画像)が表示されるのは時間がかかるかもしれません。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line