** admin *** NewEntry **

料理はリハビリ


心療整形外科

こちらのページで以前(まさにこの先生の元で入院中に)読んだ記憶から。とても心に残ったので、メモに残してあった。



そのとき、「受容」と「保証」の意味が厳密に分からなかったので、先生に直接尋ねた。

「受容」は、患者さんの痛みを受け入れること
「保証」は、痛みは治りますよ、と約束してあげること

特に「保証」は治す上で大切な要素で、患者さんはとても安心するけれど、最近は治らなかったときに訴える人がいるから言い難いと。

初診のときも、私がまさにそう言われました。きっと「どのぐらいで治りますか?」なんて聞いちゃったんだと思います。


■ 料理

あんなに好きだった料理。なかなか手が思うように動かないことや、それによる億劫さから、毎晩の料理は続かなくなってしまった。やっぱり5ヶ月も入院で上げ膳据え膳だったのが悪かったのか。手はずっと動かしていないとダメだったんだなぁと実感。料理というのは、かなりのリハビリ効果があるんだろう。

きょうは、久々に、義母が送ってくれたりっぱな里芋を1キロ近く調理した。7割ぐらいは「とも和え」、残りは「ためしてガッテン」で最近見たばかりの「里芋アイス」の凍らす前の状態=とろろ芋のきんとんとそっくりなものができた。もっちりねっとりとした、ユリ根みたいな感じ。

蒸し器を持っていないので、40分蒸すところを、5分レンジ+20分茹ででできた。軍手をはめた上に最近常用しているニトリル手袋をはめたら、熱々のまま皮剥きができた。あ、竹串も使った。

平野レミさんが、20分で晩ご飯の収録で、素手で熱々の里芋を剥いたのを思い出した。あれ、絶対やけどしてると思うけど、根性で剥いていたように思う。さすがプロ根だ。

「とも和え」は、里芋を里芋で作った衣で和えたもの、という意味らしい。富山のホテルの朝食で知って、うちの定番になった。


…というわけで、痛みは

3

このぐらいだけど、今一生懸命ストレッチとマッサージをしている。このあと、大量にいただいた銀杏の皮むきを旦那とやる予定。たぶん、明日は指がパンパンで使えないかなぁ。お風呂は入りたいけど。


ちなみに、トラムセットは、1日2錠から徐々に減らし、今朝を最後に中止となる。今みたいな痛みは急性痛だから、我慢できなかったらボルタレン+デパスでしのいでいる。リリカ1日300mgはずっと続けている。

先生が処方してくれたノルスバンテープは冷蔵庫に入っているけど、試すかどうか思案中。



今日の病状:手指むくみ■■■■■。浮腫んでるし、指が痛くて、細かい作業や家事をしたくないよー。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。

line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line