** admin *** NewEntry **

やっと医療問題とTPPを整理してくれた記事をみつけた


TwitLonger ― When you talk too much for Twitter

あの「困っている人」の大野さらささんの TwitLonger より



●中医協や日本医師会が出さない論点について

混合診療は現時点において解禁したらとんでもないことになるだろう、とわたしも個人的に思っています。

しかし、混合診療の根っこというのは、さらに未知数の論点がたくさんあります。

「高度医療」というのは、基本的に時間軸はタテです。医学はちょう「進歩史観」で考える学問ですので、基本的に、思考はタテ、上しか向いていません。

「新薬」、「先端技術」と呼ばれるものが出るたびに医療費は膨らんでいきます。一般的に日本で「新薬」に対して抱かれているイメージは、かなり過剰な印象があります。まるで「それで一発で全員が救われる神の手」が存在するかのように。



●「グリベック」の光と影

これは臨床の最前線にいるお医者さんであればこそわかってもらえることだと思いますが、たとえば慢性骨髄性白血病の患者さんへの診療は、「グリベック」という新薬の登場によって劇的に変化しました。

ノベルティス・ファーマという製薬会社がつくった「グリベック」によって、慢性骨髄性白血病の患者さんは「完治はしないけれども安定的な状態を維持している」=「寛解」という状態を得られることができるようになった、と言われています。



しかもグリベックは、飲み続けなければ効果はありません。

グリベックの値段=「薬価」は、1錠3100円です。一日4錠飲み続ける人が多いので、単純計算してみましょう。
3100×4×30日=37万2千円
一ヶ月に、37万2千円の薬代。

これに国民皆保険制度の「患者3割負担」を適用します。

37万2千円×0.3=11万1600円
一ヶ月に、11万1600円の薬代。



私が受けている医療も、そこまで高度ではなくとも、少なくとも普通の医療を受けていたら、もう死んでいたかもしれない、という種類のものです。

昨年、近所で亡くなった方も、同じ病気でした。2度ほど患者会でお会いしたことのある方でした。それを知ったとき、つくづく自分が(そしてブログリングの仲間の方々も同じレベルだと思う)先端の医療を受けるクジに当たった人間であり、そのクジに外れた人は死んでしまうしかないのです。

SLEだって10年前は、そんなに長く生きられない病と言われていたらしいし、そもそも膠原病というだけで、差別を受けていた時代があったそうです。


もし、先端の医療に制限があったら、線引きをしたら、寛解を維持できる人の命が確実に短くなります。

多額の医療費と保険の補助を受け、命をつなぐことに、罪の意識を持つ人もいるかもしれません。こんな私ですら、そう思うんですから。だって、難病の特定疾患指定を受けているだけで、こんなにたくさんのお薬をほぼ税金でいただき、寛解ではないけれど、高いQOLを維持できているのです。

そこにわたしは罪を感じています。発病前まではたくさん働き、高い保険料を払い続けていました。払い込んだ県とは、まったく別の県で補助を受けるだけの私。何のために生きているか、意味を見いだせなければ、生きている資格を自分で認めることができません。


同じ特定疾患でも、大野更紗さんみたいな能力と行動力のある人には「生きる価値」があるし「生きて欲しい」と願います。


今の自分に何が、いったい何が、できるんだろう? 日々考え、その責めに涙が出る毎日だったりする。



今日の病状:手指むくみ■■■■□。11号入らず。両手の関節が痛い。何かしたっけかな?
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。


line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

No title

医療で、tpp解禁されると、混合診療の問題がおきるとか。
そのほかのも、いろいろ。
さて、日本の歩むべき道は?

Re: No title

> 医療で、tpp解禁されると、混合診療の問題がおきるとか。

ここは、なんとか政府にふんばって欲しいです。その国の政策を、制度を、外圧で変えられてよいものか?
よいものもあるかもしれないけれど、少なくとも混合診療の問題は、命に関わります。

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line