** admin *** NewEntry **

多剤投与、依存、薬を巡る諸問題


■ 多剤投与、依存、薬を巡る諸問題

いよいよ面白くなってきました - 精神科医の犯罪を問う - Yahoo!ブログ

日本最大の精神医学会である日本精神神経学会の年次総会が来週開かれますが、そこで興味深いテーマが取り上げられます。もちろん、精神医療産業にとって最も重要な宣伝の場なので、新薬の効果を強調するようなものもありますが、こんなものがありました。


こんな興味深い内容もありました。

・向精神薬の過量服薬
・ベンゾジアゼピン系薬物の依存モデル
・リピーターの自殺既遂予防法
・抗精神病薬の多剤大量投与はどう認識されているか

医師は多剤投与、依存、などに問題を感じているが、なかなか現実は薬漬けから抜け出せない。米国と違って、日本は保険で安く処方してもらえることもあり、患者自身の意識も低い。

製薬会社と××や○○の利害関係も、抜け出せない原因となっているみたいだ。


■ 痛み
2

ずっとこんな感じだった。昨夜までは。

それが

5

睡眠導入剤とデパスとボルタレンを飲んで、眠りに落ちるまで転げ回っていた。思い当たるのは、夕方、人参を卸したこと。たったそれだけのことで…?

ほぐすのをいい加減にしたからかもしれない。きょうはストレッチを朝からしつこいほどやっています。


■ 今回は番組全部を無料公開

なぜ日本ではデモが起きないのか - YouTube





今日の病状:手指むくみ■■□□□。浮腫みは引いているが関節痛ひどい。足は強張り。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。

line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line