** admin *** NewEntry **

TPB~119日目 トラムセット発売


トラムセット、かなり期待されているんですね。トラマールのとき以上でびっくりしています。

■トラムセットについて
薬剤師さんへの説明会を報告したブログを見つけましたので引用させていただきますね。

旭川の薬剤師道場(ブログ) トラムセット配合錠の薬説


がん疼痛の適応症なし
海外ではこの合剤の癌疼痛への適応もあるようです。ウルトラセットという商品名で販売してる国もあるそうです。配合剤の最も重要なメリットの1つに錠数が減らせることがあると思うのですが、上述の通りがん疼痛治療の除痛ラダーからすると良い組み合わせなので、がんでは使用できないのは残念です。

オピオイドの副作用
いくら安全性が高いと言っても、法律上の麻薬の制限は無いと言っても、オピオイドであることは間違いなく、投与初期には悪心の41%を含めて副作用がかなり高率で発現します。十分な説明や対処が無いまま投与されてしまうと、患者さんサイドからすると「もう2度と飲まない」と言われる薬になりかねません。投与初期以降は発現率も低下していますので、がん疼痛治療同様の説明と配慮が必要ですね。



これはトラマールのときの話
旭川の薬剤師道場(ブログ) 道北疼痛懇話会

逆にこちらを読むと、トラマドールって、本当は相当強い薬だったのだなぁと…飲む人、注射する人、ことごとく嘔吐で苦しんでいたのを見て来たので、うなづけます。

アセトアミノフェン配合で低容量での効果は高まったとはいえ、トラマール25mgでも苦しむ人は、トラムセットでも慎重にならないと怖いですね。私は最初から50mgで始めて、3ヶ月枕元に洗面器があったような状態で、やっと嘔吐の副作用に慣れました。慣れればあとは眠気と人によっては便秘がネックでしょうか。

私は頓服でNSAIDsのボルタレンを飲んでいるので、アセトアミノフェン配合があまりありがたくないほうです。ただ、保険適用がどうなるのかが早く知りたいところで、塩酸トラマドールが含まれるトラマールも慢性疼痛の保険適用に自動的になるのか、その辺詳しい人に聞きたい、っていうか明日にでも聞いてみます。


「トラムセット®配合錠」 新発売のお知らせ ―非がん性慢性疼痛の患者さんに新たな治療選択肢を提供 | ヤンセンファーマ株式会社

【効能・効果】
非オピオイド鎮痛剤で治療困難な下記疾患における鎮痛
非がん性慢性疼痛
抜歯後の疼痛


まだ添付文書はWebには見つかりませんでした。


■治療の進捗
肝心の治療ですが、入院4ヶ月になるのでかなり焦っています。このままいたら他の人が入れない、と思うと気が気でなりません。


6時:リリカ75mg+リボトリール0.5mg+トラマール50mg
8時:アリナミンF50(VB1誘導体)(朝食後)
9時:TPB注射
12時:リリカ75mg+リボトリール0.5mg+アリナミンF50(昼食後)
18時:リリカ75mg+リボトリール0.5mg+トラマール50mg(夕食後)
20時:リリカ75mg+ビシフロール0.125mg

というとことで、現在
1
または
2

これを4日続けられました。さらに、日曜日に炎天下、念願の遠出ウォーキングができて、浜辺まで往復してきました。




今日の病状:手指むくみ■■■□□。指は再び割れたけど、プロスタグランディン軟膏あたりでふさがった。でも不安な状態。なるべく手洗い洗濯のときは手袋をしている。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。


line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

No title

早く入院したくて待っているものです
ブログ読ませていただきました。
かなり投薬もしっかりとしていて、そろそろ退院を考えてほしいです。
失礼を承知で、激痛で拷問のような日々を送っている予約待ち患者がいることをもっと考えてほしいです。
おねがいします。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line