** admin *** NewEntry **

TPB ~38日目

2


病棟でなんだかいろいろあって疲れてしまった。

朝、ご老人がたは5時ぐらいから洗顔歯磨きを始める。ステンレスシンクの洗面所のすぐ横の部屋なので、音がよく聞こえてしまう。(洗濯機の終了音がよくわかる、という利点はある)

そこでガラガラ…がーーーーっぺ、という気色悪い音で歯磨きをする習慣の人が3人ぐらいいる。皆背が高いせいもあり、上から吐き出す音、コップにざばざばと水を入れる音。それらが「気遣いがない」というストレスになる。

私はそのずっと前から目が覚めているので、それで目が覚めるわけではないし、音の大きさは迷惑なのではない。音の質や無神経さに腹がたち、それがストレスになるのだ。そして、部屋の人で不眠気味の人は朝方やっと眠れるのに、その不快な音で目が覚めてしまう。それにも腹が立つ。

…それでやってしまいました。ナースセンターがまだ開いてなかった(昨夜、大変だったみたい)ので、直接、その男性に「まだ6時半前ですから」そのあと「なるべく静かにお願いします」と言いたかったのに、最初の一言で相手の男性は怒ってしまった。「軍隊じゃあるまいし、北朝鮮じゃないし、1分や2分で文句言われたんじゃたまんないよ、こっちも」ってさ。いえ、5分以上も前だったんですけど、それはいいんです、気遣ってくれさえすえれば。

ほんとはそこは我慢して看護士さんが起きてくるのを待つべきだったんだ。いつもは6時には起きてるのにほんとに不運だった。そして馬鹿だった。「あんな若輩女に意見されるなんて!」って思ってる。ぷんぷん怒ってわざと大きな音をたてている。私が余計なことをしたばかりに、余計に皆に迷惑をかけてしまった。

ここの若者はその点、音には気を遣うし、口を濯ぐときはシンクに顔を近づけて吐き出すなんて男性までいたりする。ほんとに感心する。美観に気を遣っているっていうのもあるのかな?



昨日もストリーキング事件が起きて、病院中、そして不運にも被害者になってしまった患者がいるうちの病室も大騒ぎ、とても平静ではなかった。例の信頼できる看護士さんがたまたま当番だったので、部屋の人と相談した。「専門家じゃないので、精神面のフォローは何をしたらよいか分からず困ってしまう」「何もできないけど、毎日解決しないまま」だから「治療に専念させてください」…そんなことをしゃべった。

結局、先生は忙し過ぎて、そういうことに耳を傾けることはできても、解決することはできないのだ。しわ寄せは権限のない看護士さんに回ってくる、看護士さんの目の届かないところで起きることは患者にしわ寄せがくる。解決策さえあれば、それを持って先生に提案すれば、先生は判断するだけでいいのだ。先生が一言言ってくださるだけでも解決するかもしれない。

でも、この病院には入院するときにそんな堅苦しい契約は交わさない。だから迷惑をかけても即退去なんてことにはならないし、できない。事件が起きて始めて追い出されることになる。それまで他の患者は痛みがぶり返したり、大変な目に合う。


■除痛、無痛期間を中心に考える

結局除痛を中心に考えることに決めたので、一昨日から、薬漬けになっている。
リリカ再開、ボルタレン+デパス頓服、リボトリール(ランドセン)頓服。はっきりいってフラフラになるときもある。特にボルタレンとランドセンを同時に飲むと。

それでもなんとか無痛時間を確保できて「いた」。だから昨日もあんなことをする気力があったのだ。部屋の人のフォローとか、看護士さんとの相談など…。



■たったいま
当番の看護士さんが、「相手の人から謝って来た」って教えてくれた。「ちょっとかーっとなってしもうて」って。ちょっと安心した。あとで廊下で会ったらこっちから謝っておこう。



今日の病状:手指むくみ■■■■■。関節痛なし。それにしてもどうして指の調子が悪いんだろう。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。


line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
googleサイト内検索
Loading
line
医療ニュースCB
line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
荷物追跡
powered by 送料の虎
line
sub_line