** admin *** NewEntry **

TPB ~34日目


iliholi(イリホリ)03 (エクスナレッジムック)
iliholi(イリホリ)03 (エクスナレッジムック)
エクスナレッジ 2010-03-29
売り上げランキング : 116867


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




【特集】「頭痛と腰痛」痛みの最新科学

日本人の有病率の中でも特
に高い比率を占める頭痛と腰痛。
その「痛み」の原因を最先端治療をトップ
クラスの専門医が科学的見地から徹底解説。
「痛み」は医療・医学の原点。

そして”生きている証”第5の場至るサインでもある。

[目次]

特別インタビュー 世界チャンピオンの痛み
長谷川 穂積

第1
特集:痛みを科学する
第2特集:頭痛 徹底解剖
第3特集:腰痛 徹底解


特別寄稿 もう椅子はこわくない 夏樹静子
コラム:「痛み」の
測定器 Pain Vision
コラム:「痛み」のドクターの見つけ方
コラム:
鍼灸師の仕事 「痛み」のための痛み 竹村文近
トピックス:痛みの測定法

トピック:幻肢痛とは何か
痛みの絵画 痛みの文学



医療従事者向けなのか2300円とちょっと高い。先生のインタビューも載っているそうなので(それも小川先生と並んで?)早く読んでみたい。とうとう痛みのメカニズムと治療について本当のことを言う人々が増えてきたか?



4

のち(トラマール注射後)

2

のち

5


やっとこの治療について理解できてきたような気がする。…それともまだ神髄には達していないかな?

慢性疼痛を根治するには相当の根気が必要なのでは?という現実が見えた気がした。痛みのない時間帯を如何に増やすか、持続するかにかかってる。ちょっと調子がよかったからといって、減薬にチャレンジするのは早すぎる。どのぐらいの期間、安定期を維持してから減薬すべきか?自分ではわからない。先生のアドバイスを待っていられない自分がせっかちなんだと思う。

ここ数日の痛みのぶり返しで、まただいぶ後戻りしてしまった。後戻りというのは身体的には錯覚かもしれないが、精神的に与えるマイナスはかなりの後戻りと感じる。

先生にしてみればあっさりと「トラマール注射してみる?」と超逆戻りの治療を示唆されるが、自分にとってはかなりの決断だったのだ…一昨日までは。でも、わかってきた。今の自分にはたとえ注射を打ってでも、無痛時間を延ばす、積み重ねることが、一番の治療なんだ。


退院後に備えて、如何に少ない薬剤(それもなるべく飲み薬)で、痛みをコントロールできるかを考えていたが、たとえ過剰に思えても今すべきこと=しっかり除痛すべきなんだろう。

注射も積極的に取り入れることにする。

!鎮痛剤が多い=眠くてだるい
何もする気が出ない。でもガマンしないと。


今日の病状:手指むくみ■■■■■。関節痛なし。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。


line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line