** admin *** NewEntry **

TPB ~30日目


注射代が気になったので先生に聞いてみた。ただでさえ1日何度何本打っても80点と聞いていたので、この上に先生にご負担はかけられないと思って…。「私は損しませんよ」とのことだったのでほっとしたけれど、一応調べてみた。

医療事務の注射の算定の質問です ・ネオビタカイン注2ml 1A 181円(薬価) ・ネオ... - Yahoo!知恵袋


【皮下筋注】
注射の手技料+(一回分の薬価÷10=△点、小数点以下五捨五超入)⇒ の点数で算定します。


という記事も見つけたので安心。


さて、iPhoneアプリのお世話になって、5時間おきにトラマドール50mgを飲んでいたが、残っている薬の数がどうも多い。ってことは飲み忘れているのに、痛みが強くならなかったということになる。それで減らしてみることにした。まずは1日4回200mg。

毎日、治療だけなのに異常に眠い。入院している間は寝ていていいってことにします。眠るのも治療ってことでいいよね。


■ここから下は愚痴なので苦手な人は読まないでくださいね。

ここ2、3日でだいぶ強くなった。まるで悪女になった気分だ。この歳になってこんな試練が与えられるなんて、今までいったいどんな温室にいたんだ?

私は音に敏感というわけではなく、ある程度うるさくても眠れるし、一度目が覚めてもまた眠れる。集団生活では得な性格だ。ただし、耐えられないのが音の内容。人が人を貶める内容や、執拗な自慢話。しなくてもいいだろう噂話。けっして私の正確が純粋だとか完璧だとかいうのではない。なぜか昔から人のそういう部分が大嫌いで、虫酸が走るのだ。

そして、もっと耐えられないのが、執拗な介入。幼少期から20数年間も母親による過干渉に苦しんできたせいだろうと思う。そして亡くなってしまった母をまだ完全に許せていないせいだと思う。私のためを思って言ってくれる旦那の注意なら受け入れられる。でも、赤の他人が突然親しくもなっていない自分に、やれ「パソコンは身体に悪い」「携帯は悪い」「習字の練習は悪い」「姿勢が悪い」それをベッドの前を通るたびにチェックし、必ず一言以上注意していく。薬の飲み方も執拗にアドバイスしてくる。飲み薬じゃなくて注射にしなさい、と。先生は注射が痛くて嫌いだから、というのを知っていて飲み薬でOKを出してくれている。

今まで約一ヶ月我慢していた。アドバイス?に一理あるし、やりすぎはよくないから、この際、入院の間だけでも意識してパソコンの時間を減らそうと思ってもみた。私の肩を壊した根源であるマウスは家に置いてきた。今は慣れないトラックパッドでいつもの倍も時間をかけての操作で我慢している。でもキーボードとトラックパッドはよほど長時間使わない限り負担は感じない。その前に目が疲れてしまう。習字は筆ペンだから力もいらないし、姿勢もよくなるし、気を紛らすのにいいかなと思って準備してきた。

そのご当人は消灯後もマウスをパコパコ音をさせてパソコンをしている。自分以外の人間が文化的なことをしているのが許せないのだろうか?…もしれない。

それを「だめ」と言われるごとに、母の声が蘇ってきた。先週、生理が来た日そのせいだと思うけれど、いつものようには我慢できなくて、恥ずかしいことながら、本当に突然キレてしまった。母がいた頃のように手当たり次第にモノを壊してくなってしまった。居てもたってもいられず、病室を飛び出し、大声で「ウールーサーイー!」と叫んでいた。聞かれたのはお向かいさんだけだった。心配して病棟の外で寒いところ30分ぐらいなぐさめてくれた。その間、私はわんわん泣いた。私が耐えていることは部屋の誰もが気付いていたことだったそうだ。看護士さんも…。じゃぁこのベッドは貧乏くじを引いたってこと? たまたま年齢やその他の条件で私がターゲットになってしまったってこと?

ブスコパンがまた必要になり、頓服として飲む。そうしないと胃痛で眠れない。看護士さんの中には、これまた執拗に胃痛の原因を聞いてくる人がいる。私に何を言わせたいのか?同室の人の悪口を言わせたいのか? さりげなく、困ったことがあったらいつでも言っていいよ、って言ってくれる看護士さんのほうが好感が持てる。

すでに退院した友人からのメールで、彼女も同じ原因で、治っていないのに退院を決めたこと、あなたは自分の治療を優先させるために何でもしなさい、とアドバイスをもらった。


2



今日の病状:手指むくみ■■■■■。関節痛なし。ボルタレン飲まないのに浮腫みあり。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。


line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
googleサイト内検索
Loading
line
医療ニュースCB
line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
荷物追跡
powered by 送料の虎
line
sub_line