** admin *** NewEntry **

小林さんの命を守るネットユーザーの会 署名をお願いします

署名プロジェクトのURL
難病を抱える小林卓之さんの処遇改善と刑の執行停止を求める署名
プロジェクトの企画者 小林さんの命を守るネットユーザーの会さんからのメッセージ
小林卓之さんの命を守るネットユーザーの会は、冤罪濃厚な高齢者に十分な医療のない拘束する事態を打開することを目的とした、ネットユーザーの集まりです。現在、小林さんの処遇改善と刑の執行停止を求める署名を行っております。是非ご検討をよろしくお願いします。



皆様お願いします。同病の小林さんを少しでも快適な環境で治療も受けられるようご協力をお願いします。


事件の真相を知れば知るほど、許せないという気持ちが大きくなる。最初の裁判で実刑を下した裁判官は元検察の人で、この判決後数ヶ月でまた古巣に戻っているという。司法と検察はそこまで癒着がひどいのか。そして現検察官が裁判官のとき下した判決をひっくり返す勇気のある裁判官は、高裁にも最高裁!にもいなかった。棄却とはどういうことか。法廷を開くことすらしないのか?

そりゃ微々たる罪(痴漢の罪なんてほんと軽いもんなんです、これも女性としては怒りのもと)かもしれないけれど、罪を認めてしまえば小林さんはラクでいられたかもしれない。家族だけが信じてくれればいいのだから。でも検察と司法に抗ったばかりに、執行猶予もなく、実刑へ。しかも重病でありながら(私からしたらかなり重症だ)医療刑務所ではなく、まるで「見せしめの」ように普通の刑務所で、お湯もなく薄着、薬も十分に与えられない生活。たぶんレイノーでまくりだろうなぁ。面会時に紫色になっていたと読んだけど、それが壊死なのかレイノーなのかは医者が言ったことじゃないから分からないけど、かなり寒いんだと思う。

しかも医務官は「冬はもっと痛くなるぜ、(ふっふっふ)」と言ったそうな(ふっふっふは私が想像でっちあげ)。これはまるで拷問だ。恐らく刑務所では、刑が確定して送られてくる囚人たちが、どんな過程を経て、実刑になっのかなんて関係なく、扱われるんだろうと思うけど。

検察!裁判官! あんたらも同じ病気になって、身に覚えのない罪を着せられ、同じように監獄に送られることを想像してみて欲しい。想像できないんだろうな。自分さえ安泰ならいいんだろうな。自分の生活を壊さず、自分はぬくぬくと暖かい場所で生活していき、なんとも思わないんだろうな。

そんなやつらに税金をしこたま払って来た自分が惨めでたまんない。



■こっからは自分のこと
生活と仕事のことで、旦那と話し合いが途絶えない。長話した翌日は痛みもひどい。それが分かっていても話をやめるわけにはいかない。こんなに辛くても頑張れるのは、今、気持ちのレベルが一定より高いからだと思う。でもそれが下降してしまったら…と思うと怖くて怖くて仕方ない。いくら頑張っても、それは平均並みの人よりパフォーマンスがあるわけじゃないから、誰にも威張れないし、誰も誉めてくれない。病気の癖に…と陰口を叩かれ、はやく離婚しなさいと義母につつかれ、はするけど。なぜこんなに苦しいんだろう。

きっと。「尊重」されているという気持ちになれないからなんだと思う。書いていて思いついたが、どうすれば「尊重されている」と思えるかを考えれば、この状況から抜け出せるかも。



今日の病状:手指むくみ■■■■■。関節痛ひどい。激痛。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。


line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

小林さんのこと

賛同ありがとうございます♪
薬や点滴をうけれるようになったのも、声をあげたからだと思います  署名活動も始まりましたね
体調の回復を願うばかりです
 

キノさんへ

点滴を受けれるようになったのは手紙が一杯届いたからかも?と聞きました。署名は実際のところ、どの程度の効果があるのかわかりません。世論を動かすほど大々的にどこかが取り上げてくれないと…。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line