** admin *** NewEntry **

慢性痛は周囲の理解を得にくい

慢性疼痛を持つ成人は2315万人 - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン

慢性疼痛に対し、医療機関の受診や一般用医薬品(OTC医薬品)の服用など、さまざまな治療の試みによって満足のいく程度に痛みが和らいでいるかを聞いたところ、「あまり変わらない」が53.6%で最も多く、満足のいく程度に痛みが和らいでいる人は29.3%にとどまった。



ちょっと古い記事だけど

痛みは “がん”だけじゃない―慢性痛に理解を - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン

また、「痛み」というのは個人的な感覚なので、ほかの人と共有したり、伝えたりすることが難しい。そういう意味でも、患者さんにはお気の毒なことですが、慢性痛は周囲の理解を得にくい部分があります。周りの人たちはどうしても、「手術後、痛みがあるのは分かるが、傷跡も残っていないのに、なぜ痛いのか」と思ってしまうんですね。これが例えば、がんに伴う痛みであれば、周りも「患者さんを大事にしなければ」と思うのですが、慢性痛の場合、ただ「サボって」いるように見えてしまうこともある。そして患者は、周りの理解が得られないことにショックを受ける。「『痛い』と言っても分かってもらえない」と。そして今度は、「心因性疼痛」につながってしまう。こういう人が多いのです。


米国では慢性痛の患者さんが多数いるということを早くから察知しており、慢性痛に伴う経済的損失は、実に年間8兆円ともいわれています。そのため米国では、2001年から「痛みの10年」政策を開始して、状況の改善に向け、対策を進めています。



今日の病状:手指むくみ■■■■□。関節痛。肩背中激痛。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。

line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
googleサイト内検索
Loading
line
医療ニュースCB
line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
荷物追跡
powered by 送料の虎
line
sub_line