** admin *** NewEntry **

筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)なのかな?

JFKも痛みに悩まされた!? 筋・筋膜性疼痛症候群 監修 木村裕明(MPS研究会会長、木村ペインクリニック院長)|カラダご医見番|ダイヤモンド・オンライン

通常、筋肉の損傷は数日~数週間で修復される。しかしその際、冷えや刺激の繰り返し、あるいは心身のストレスで血流が滞ると筋肉が収縮したまま戻らなくなる。できればこの時点で筋肉をほぐしたいがなかなか難しい。やがて収縮した筋肉のなかにコリコリした索状硬結(しこり)が生じてくるのだが、圧迫されると飛び上がるほど痛いばかりか、身体の他の部位に関連痛と呼ばれる痛みが広がることがある。ここを特にトリガーポイント(TP)といい、MPS治療のカギを握る。




思い当たる&誤診が多いってことは、もしかしたらこれかもしれない。
line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line