** admin *** NewEntry **

厚労省、あんたもか

「ホメオパシー」への対応について

 過去には「ホメオパシーに治療効果がある」と主張する論文が出されたことがあります。しかし、その後の検証によりこれらの論文は誤りで、その効果はプラセボ(偽薬)と同じ、すなわち心理的な効果であり、治療としての有効性がないことが科学的に証明されています 。英国下院科学技術委員会も同様に徹底した検証の結果ホメオパシーの治療効果を否定しています 。

「プラセボであっても効くのだから治療になる」とも主張されていますが、ホメオパシーに頼ることによって、確実で有効な治療を受ける機会を逸する可能性があることが大きな問題であり、時には命にかかわる事態も起こりかねません 。こうした理由で、例えプラセボとしても、医療関係者がホメオパシーを治療に使用することは認められません。


asahi.com(朝日新聞社):ホメオパシーは「荒唐無稽」 学術会議が全面否定談話 - 社会


厚労相、ホメオパシー効果調べる 研究班組織へ - 47NEWS(よんななニュース)

 長妻昭厚生労働相は25日、日本学術会議の金沢一郎会長が「ホメオパシー」と呼ばれる代替医療の効果を否定する談話を発表したことを受け「本当に効果があるのかないのか、厚労省で研究していく」と述べた。視察先の横浜市内で記者団に語った。


え?マジですか? そんなことに税金使うんですか? 信じられません。大臣ってもっと頭良いと思ってた。


こちらに越してきてすぐのこと、近所の薬局で「波動なんとか水」とかを控えめに勧められた。薬剤師曰く「私は根拠が分からないんですが、たしかに効くといってリピートされる方が結構いるんですよ。」ここの周辺にはあちらこちらに、「波動なんとか水」ののぼりがはためいていたりする。まぁ近所に世界的にも有名なパワースポットもあったり、なんだか怖い町だ。ちなみにそのパワースポットの湧き水もペットボトルで売っている。


かくいう私も、プラセボは信じる。痛みと付き合うようになってから、原因の無い痛みってなんだろう?って考えるようになり、やっぱり精神面の関わり合いは無視できないと思った。何かの効果に必ず科学的医学的な根拠を求めてきた自分にとっては、信じたくないことだけれど、同じ薬でも効くときと効かないときがあったりする。いま思うに、効くと思って飲んだときは効くし、滅入っているときは何を飲んでも効かなかったりする。頭に脳みそがくっついているだけで、こうも複雑になるものなんだろうか。

そ、そうか。自分も精神鍛錬なりして、精神状態をコントロールできるようになれば、もっと痛みをコントロールできるのかもしれない。目からうろこがぽろっと落ちた。


今日の病状:手指むくみ■■■■□。背痛治まっている。平和なひととき。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。


line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line