** admin *** NewEntry **

介護の現実と男性

★ 介護の現実と男性

「男たちの介護」(1)―追い詰められる男性介護者― - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン

「多くの男性介護者は、弱音を吐かずに誰にも頼らず、一人で抱え込み責任を全うするという『強い市民』を内面に秘めています。そんな彼らだけに、いろいろなメディアで知識を仕入れ、必要な器具をそろえ、全力で介護に打ち込みます。その上、彼らは、仕事と同様、介護にまで“結果”を求めてしまうのです」

 この場合の“結果”とは、たとえば排泄はおむつに頼っていた人が、ポータブルトイレを利用できるようになるといった、要介護者の状態の改善を意味する。しかし、要介護者が高齢者である場合、いくら理想的な介護を施しても“結果”が得られることは少ない。むしろ、加齢とともに身体機能は、少しずつ衰えていくのが普通である。


男性と女性の考え方の違い。なるほど、そうだったんだ。旦那がだんだん苛立ってきている理由が分かるような気がした。私は一生この痛みやウツと付き合って行く覚悟をしようと努めているのに比べ、旦那は完治することを渇望している。


「男たちの介護」(2)―“暴発”の背景と兆候―(上) - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン

朝、なかなか動こうとしない妻を怒鳴り付け、デイサービスの送迎車に引きずるように乗せ、「もう、帰ってこなければいいのに」とまで思った男性が、昼には自らの行動を悔やみ、家事も手に付かない。そして夕方、自分の姿を見て手を振って喜ぶ妻を見ると、今度は何年ぶりかに恋人に会えたような幸せな気持ちになる…。

 「こういった話は、男性介護者からよく聞かされます」


この文章も読んでいて涙が出て来た。なんか旦那と似てる。記事の対象は主に老人に対する介護者のことだけれど、病人の介護者にも言えることだろうと思う。

この間父にやぶからぼうに言われた。「○○くんにあまり負担をかけるなよ。」○○くん=うちの旦那のこと。離れている父の目にもそう映っているんだ…。ときどきは自分を振り返って、旦那の気持ちもよく考えて、あんまり依存しすぎないように、そして治癒しようと努力している姿を見せないといけないと思った。



★ ちなみに新しいまな板とザル



詳しくは料理ブログにて。

調理器具の大幅新調(その2): コリデールキッチン


今日の病状:手指むくみ■■■■□。背痛。きょうはクーラーに頼る。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。


line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line