** admin *** NewEntry **

心のアザ

心のアザ

小学生の途中までは母は手で私を叩いたり殴ったりしていた。まぁ蹴飛ばすこともあったし、着ている服をずたずたにされて首を絞められたこともあった。何かの瞬間にプチっとスイッチが入ってしまうんだと思う。

ところが隣の階段に住んでいたクラスメイト(男の子)のお母さんから、折檻するには手が痛いから「布団たたきがいい」と教えられてから、私も布団たたきで叩かれるようになった。あれはほんとに痛い。

服で隠れているところは青アザになり、直接のところはミミズ腫れになった。手で避けようもんなら手が腫れ上がる。


いつかテレビで、虐められて自殺した男の子の部屋が映されたことがあった。部屋中彼の叫びの傷跡が残されていた。ふすまはボロボロ、マジックで死ねとか書いてあったようなそんな映像だった。涙が出た。

私も外では普通の子供を装っていたので、持って行き場のない怒りはすべて見つからないようにモノにぶつけた。
成長して自分で稼ぐようになってからは、見つかっても構わないと思うようになった。

梨を踏みつぶされたときは、父が丹念に敷いたカーペットに刺身包丁の先端を突き立てて、思いっきり引っ張った。1年ぐらい経ってからそこが浮き上がって来て、ばれた。

布団たたきは、シンクに打ち付けて何度かかけてボロボロにしてしまった。買い替えた布団たたきも同様にしてしまった。それでも私の「持って行き場のない気持ち」は収まらなかった。


私が幼稚園のころ、母は痙攣を起こして救急車で運ばれ入院したことがある。腎臓が悪いと聞かされたが、後になって(母が亡くなって後)父から「あれは精神的なものだった」と真相を聞かされた。精神面で何らかの病をもち、子供を折檻する母親。その母親と子供を2人きりにして、父は出て行った。中学生の頃だった。母の強迫性障害が主な原因だった。母は私と違って、自分が強迫性障害だから家族に無理を強いている「申し訳ない」という気持ちが全くなかった。すべて押しつけられた。24時間タクシーを運転してへとへとで帰宅した父は、まずごろんと横になることすら許されない。裸になってお風呂場に直行という選択肢しかなかった。せいぜい、その前に煙草を1本吸うぐらい。そして父にも繰り返される横暴。父にもお皿は飛んだ。だから父を半分しか責める気にはなれない。でも半分は…後に統合失調症と診断された母と2人きりで、密室で。よくそんな残酷なことができたものだと思う。

父と会うとそのことでつい責めてしまうので、長時間話さないようにしている。父がもっと家にいてくれたら…父がいる間は母は私を折檻なんてしなかったのに…。


さっきミネストローネを作ろうと思ったら、いただいたジャガ薯がこんなになっていた。



なんかトナカイみたいだと旦那に言われた。私はウミウシみたいだと思う。



今日の病状:手指むくみ■■□□□。気をつけていたのに、親指切った。乾燥しないうちにくっついてくれよ〜。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。



なかのひと

line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line