** admin *** NewEntry **

きょうから食事は作らないことにしました

その後

ご心配おかけしました。というかしています。

昨夜、明け方に話し合いました。私は滅入っていて2日続けて夕飯を作っていません。

旦那の母親はすでに遺書を残してコピーを子供達3人に渡しています。老いても子供たちの世話には絶対ならん、独りで生きて行く、それが難しくなったときは延命措置などはしないで欲しいという立派な内容でした。彼が高校生で父親は亡くなりましたので、それ以降女手ひとつで3人を育て上げた母親の言う言葉でしょうか。強い人だなぁと思いました。

中にはこんな親もいる時代なのに
障害があるのに娘に捨てられそうです

それでも彼は母が現在1匹の老猫と2人(?)でひっそり暮らしているのが耐えられないのです。それで毎月のように信州と大阪を往復して、何かしら親孝行をしてきます(念のため彼はどう見てもマザコンではありません)。

彼のいう「恵まれない人」の筆頭は「幸せに暮らす権利があるのに、たった独りでご飯を食べている母親」のことだったのです。私が作る食事はおいしいしありがたいと思うけれど、食べるたびに母親のことを思い苦しくなると言います。自分たちたけ2人で楽しく食事をしているのに、老いた母はたった独りで食事を作りたった独りで食べている。そんなことが許されていいのか、と。

すべては私が義母さんと簡単に同居できないことが原因です。強迫性障害のことだけじゃありません。気の強い義母さんと日常をともにすることを考えたらそれだけで胃が痛くなります。義母さんは嫌いじゃないし、大切な人だけれど、やっぱり同居は難しい。しかし、二世帯住宅を用意しようにも、義母さんは今の土地を離れるのを嫌がりますし、土地の高い大阪市内では経済的に無理です。それも旦那は自分が不甲斐ないと嘆きます。

私の通院や今後生きて行く術についても考えてくれていました。だから空気の悪い大阪よりも、病院のある土地のほうがいいんじゃないかと。私は旦那と離れて暮らすなら、通院も、生きて行く意味も、何もない。

とにかくコンピュータ一式もって、一時でもはやく義母さんのところに行ってそこで仕事しなさい、と言いました。そのあと、私がここに残るも、どこかに越すも春を待ってからにするから、と。

旦那には言わなかったけど私がこの土地に独りで残るのは難しいです。通院が自力では難しい土地だし、冬の寒さ対策などを自力ではとてもできません。買物も自力で行けるのは生協ぐらいです。今までこの土地でどんなに旦那に頼って来たかがわかります。

こんな記事がありました。

夫婦がうまくやっていくためのちょっとしたコツ | nanapi[ナナピ]

そうか、良い夫婦の日なんですね、もうすぐ。ここに書いてあることって当たり前のことですよね、平常時の。でも何かあったときにどうするか、言いたいことが言えなかったら解決しないし、難しい問題になったら感謝の気持ちがかえって決断を鈍らせたり、なんだか夫婦って面倒臭いです。

心を込めて作っていた食事がそんなにも旦那を苦しめていたことを知り、もうきょうから食事は作らないことにしました。しばらく自給自足になりそうです。



今日の病状:手指むくみ■■□□□。心身疲弊。思考能力はまだあるかな。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。



なかのひと

line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

キノさんへ

キノさんは、もしかして、自分が母親の気持ちになって考えていませんか?
自分は息子たちにこうしてもらえたら、それだけでうれしいって。

でも、キノさんは老人になっても変わらないかもしれないけど、義母はだんだん老人になって、独りの生活が不安になってきているんです。それでもそう思うのかなぁ? 聞くこともできないし、聞いても本音を言ってくれるわけがないし、答えはわかりません。

もちろん、息子がこんなに苦しんでいると知ったら、義母さんは悲しむでしょうね。もしかして、私がいるからだ、って私を憎むかもしれない。そうだったら嫌だな。

ぶりさまへ

ぶりさま、ありがとうございます。踏み込み過ぎだなんて思っていません、感謝しています。

うちは誓い合って一緒になったわけではありませんが、もちろん最初はそのような気持ちでした。何があっても一緒に乗り越えようって。でも誓い合った夫婦でも、破綻する例はいくらでもありますよね。それと一緒かもしれません。何より私がパートナーとしての役割を果たせていませんから、契約違反みたいなもんです。

ただ何度も言われます。愛情がなくなったわけではなくて、トリアージ(!)の結果、母親の優先度が高いと判断しただけだと。つまり私は黒い札を貼られたわけですね。義母が亡くなっても生きていれば運がいいだけで。

マザコンについての議論ですが、少しずれるかもしれませんが、旦那の場合は親孝行というよりも、「か弱い老人を独りで放っておけない」という意識のほうが高いようです。

そして何より、強がりを言っていた義母が、あれから数年のうちに身体が衰え、エラいことにウォーキングやラジオ体操などで身体を鍛えていたというのに、とうとう骨粗鬆症になってしまい、だんだん弱気になってきたのです。独りが不安とはっきりとは言わず、匂わすという感じです。これを敏感に感じ取る旦那が、放っておけるわけがありません。そういう顛末です。

Unknown

お母さんの意見を聞いてみたいところですが、旦那さまひた隠しにするおつもり・・・。
それが本当にお母様の幸せになるのかしら(疑問)
子供の幸せが親の幸せ!相談をするのは母にですよ〜。
母を思うなら、毎日はがきを書くとか、たまに電話やプレゼントするのがいいでしょうに。
頭が母のみなのね・・・。
自分や、ろばさんを大事にすることに欠けている。
母の思いに、馳せることも・・・。

Unknown

なるほど、話し合った末に食事を作らないことにしたのですね。
ところで、お二人が結婚した意味は?と改めて問うてみたくなります。
例えば、キリスト教徒なら「その健やかなときも、病めるときも、喜びの時も、悲しみの時も、富めるときも、貧しきときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、そのいのちのかぎり、堅く節操を守ることを誓いますか」と神父さんから問われて、夫と妻がそれぞれ誓い合いますよね。キリスト教徒でなくても、基本は同じでは。まして、嫁になる、婿になるといった家の結びつきではなく、夫婦共に生きることが結婚ではないかと考えています。
それと、私の持論ですが、マザコンでない息子はいないし、ファザコンでない娘はいないと考えています。ご主人がマザコンでなければ、それほどまでにお義母様のことを考えないのでは。親孝行を語ることでご主人自身が気づいていないマザコンを隠蔽しているように思えてならないのです。
それに、お義母様は自分のことは自分でする、人(息子達)の世話にはならないと仰っているので、当分の間は遠くから見守ることが息子達のとるべき態度のようにも思えます。
踏み込み過ぎのコメント、すみません。

ぐうたらぷーさんへ

ずっと考えてくださっていたなんて、すみません。
私、当事者のせいかなんだかよく分からなくなってしまっているのかもしれません。皆さんのおっしゃることがすごくごもっともで…。

> 旦那さんと一緒にいる事は、本当に不可能ですか?
金銭的に不可能です。

義母さんの気持ちについてのお察しは、ほんとにぐうたらぷーさんのおっしゃる通り、ほぼ当たっていると思います。

でも、旦那は、私を不幸にしたことがわからないようにするつもりです。私は私の道を選んで、今は遠くにいるとか、嘘ついて。

もしかしたら、旦那はていよく私をお払い箱にしたいだけかもしれません。何もかもが面倒になってしまったのかも。今までほんとによくしてくれたし、10年も通院の面倒をあれやこれやしてくれてきた人です。

ぐうたらぷーさん、ほんとにありがとう。
食べなきゃね。
いま、別々に食べるにしても、食材がもったいないので、具沢山のミネストローネを作っています。

しあわせとは

前記事に「前言撤回、ろばさんのダンナはやっぱりわからんちんの非常人間だ」とコメント書こうと思いつつ、じっくり考えて、時間が経ってしまいました。
他の方のように、ボランティアうんぬんより前に「愛」が必要なのでは、と思ったり。
旦那さんと一緒にいる事は、本当に不可能ですか?
お義母さんは、ろばさんと別れてまで息子に尽くされて、幸せだなんて思うでしょうか?
あぁ、ウチの息子は料理好きな嫁さんと仲良くおいしい物食べてしあわせに過ごしてるな、と嬉しく思う母、の方が自然では?
それに、ろばさんが同居可能だったとしても、お義母さんは気持ちの強い人みたいだし、一人気ままに暮らす方が楽で楽しいと思っているような気がします。そりゃたまには、息子の顔みたりおしゃべりしたりも、したいでしょうけど。
旦那さんがろばさんと一緒にいたくないのなら別ですが、何かしら方法があるような気がします。
ろばさんは、ろばさんのしあわせを得る権利があります。
旦那にはお茶漬け出しても、ろばさんはしっかり料理を作って、おいしいものを食べてください。(イヤミっぽいかしら?)
一人で食べるとしあわせ力は半減かもしれませんが、やはりおいしいものには、心を癒す力があると思います。
そして、前に向かって動き出す力も、秘めていると思います。食べるの大好きな私だからか。(笑)

こうしてろばさんのブログを読んでいる人々の他にも、まだこれから出会う人も、ろばさんを必要とし、ろばさんの存在を大事だと思う人がいっぱいいます。そのことを、忘れずに。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line