** admin *** NewEntry **

生きていかなきゃね

幸せってなんだろう

先日、仕事でちょっと屋外で写真を撮って欲しいと頼まれていたんだけど、天気はとってもよいのに、身体は痛くて、お尻も痛くて、日没ぎりぎりまでうだうだしていた。焦りが最高潮に達し、いきなりがばっと起きて、薬の入っている引き出しに突進し、ボルタレン+デパス+ソラナックスを飲んだ。焦りのせいで、いらいらがどうにも治まらなくなっていたから安定剤も飲んだのだ。じゃないとお腹がぐずぐずして動けない。

「そんなにしてまで、手伝わなくていいよ」

と旦那に言われた。でも、そこから20分ほどさらに横になって、なんとか陽が沈まないうちに写真を撮ることができた。三脚使わなかったし、身体を固定するのも結構疲れるのだ。旦那には当てつけに取られたかな。隠れて飲めたらいいんだけど、そんな場所に薬を隠しておけないし。

と、ここまでは3、4日前までの話。今続きを書いている。ここ3日ぐらい寝込んでいた。なんかほんとに世の中終わりだってぐらい、悲観的になっていた。明日こそは起きるぞって思うんだけど、起きれない。天気はとってもいい。部屋もぽかぽかあったかい。色んなことが片付きそうな気候。旦那はひたすら仕事している。

換気扇の掃除も暖かいうちにやっておきたいし、階段も掃除したい、食材も腐らないだろうか…。

ほかにも「○○しなきゃ」が私の中でたくさん待ち行列をなしている。私はそれに押しつぶされそうになりながら、布団にくるまっている。布団にくるまっていても、何もはかどらないから、気が狂いそうになる。ときどき、適度に間を置いて、掃除(モップがけ)を頼んだりする。洗濯物は洗濯機を回せば、旦那が自発的に干してくれる。

気が狂いそうというのは、それだけが原因じゃないみたいだ。たぶん薬が抜け切っていないのか、離脱症状なのか、それがパキシルなのかジェイゾロフトなのかはわからないけれど、とにかく焦燥感がひどい。以前は、気分が弱っていてひたすら横になっていたいときというのは、こんな焦燥感に苦しんだことはなかった。不幸中の幸いは「ムズムズ足」がほとんど襲ってこないことだ。

写真を撮った日に義母さんにもらった「鯛の子」を煮た。その煮汁を無駄にしたくなくて、それもそろそろやばい頃だったので、昨夜はなんとか里芋と高野豆腐を煮付けた。旦那に頼めば里芋の皮はむいてくれたと思うけど、全然手際が違うし、そこらじゅう汚されちゃうと思うと、自分でやってしまうことになる。さっと洗って4分ほどビニールでチンしてから、水で急冷すると、するするっと皮がむける。そうか、そこまで教えればよかったかな。

珈琲も全然おいしくないし、飲みたいとも思わない。インスタントも常備しているので、それを溶いて黒砂糖と牛乳で薄めて、糖分補給しているような状態。1日1食しか食べないので、体力が落ちないようにしている。

それでも日に何度か波があって、やる気が出たりまったくなくなったりする。それで人に迷惑をかけていると思う。人に何かを投げかけて、その反応が返ってくる頃にはぐったりしていたりする。

今の課題。副作用が少なくて、離脱症状がラクな、抗うつ剤を探しているのだけれど、これを病院で処方してもらえるか事前に電話で確認を取っておかなければならない。旦那に見つからずにそれができるかどうかがわからない。

きょうは夕方から、ここまで長文が書けたのだから比較的調子がよいみたいだ。でもここまで。




常識だったらごめんなさいシリーズ第?集

ササミの保存方法コリデール流: コリデールキッチン

ササミが安いときに作り置きしておくと、サラダとかにすんごく重宝ですよ。太らないし。いいダシが出るし。



今日の病状:手指むくみ■■■□□。ジョギングかなりさぼってます。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。



なかのひと

line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

さすけさんへ

ごめんなさい。なんかつい感情的になってしまいました。
でもとっても心配していたのです。さすけさんにはさすけさんなりの事情もおありだったでしょう。許してください。

ごめんなさい

大変失礼いたしました。また改めてメールさせていただきます。

さすけさんへ

心配してました 3か月前、病院をどれだけあちらこちら調べ回ったことでしょう それも同病の人が一人ラクになると思えば辛くありませんでした でもその後少しでも進展があればお知らせ頂きたかった 強迫という障害があるから一朝一夕にはいかないことはわかっているつもりです でもそのなかの本の1歩だけでもあゆめたとき教えて欲しかったです

これが今の辛い私の我がままです

お久しぶりです

ろばさんご無沙汰しております。その間にろばさんと旦那様の間で大変な変化が起こっていらして、ただただ驚いています。私もしなければいけないことに追われて、追い詰められ気味の今日この頃です。現実と自分の能力のキャパが噛み合わず負の連鎖です。それでも一日一日を生きていくのですよね。あたりまえのように朝がきて夜になり、また新しい一日を迎える。生きていられるのはあたりまえでなく奇跡の命だそうです。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line