** admin *** NewEntry **

少し落ち着いたかもしれません

一夜あけて

ぼーっとしているけど、ちゃんと生きています。コメントくださった方、ちゃんとお返事できるまでお時間ください。でも、ありがたかったです。ご心配おかけしてすみません。私には死ぬ勇気なんて絶対ありませんから。

今は眠ったほうがよいと思って、22時ごろハルシオン(銀)を思い切って3錠飲んだら4時まで眠れました。そのあと、マイスリー2錠でさらに10時までぐっすり眠れました。眠っている間は平和でした。たぶん涙も流れなかったと思います。子供の国に帰れたんだと思います。


今までにないたくさんのコメント。感謝しています。
と同時に自分がとてもみじめでなりません。

死ぬこともできず。
愚痴を垂れ流しすることしかできず。
弱い自分をどうすることもできず。
そうですよね、人間最後は独りですよね。それは今までの人生で何度も確認させられてきたことです。そうじゃない!と夢見たいなことを信じて「いつかは」と思って生きてきたのが間違いでした。

旦那だって人間です。仕事&母親のことで、私より負荷がかかっていたと思います。精神的にもいっぱいっぱいだったと思います。自分こそがケアして欲しかったのかもしれませんが、彼は表には絶対出しません。そんなときに私だけが弱音を吐いたら、それも忠告したはずの薬を飲んだ結果だとしたら、腹もたつでしょう。

ちなみに旦那はうつ病を理解できていません。薬に頼って治すのではなく、考え方を変えることで自分を鍛錬することで治すべきという考えの人です。(今の私はうつ病ではなく、そううつ病ですが)

旦那の被害妄想的なところは困っています。私が寝込んだり、今回のように泣いたりすると、即自分のせいだと思い込んでしまうのです。原因を聞こうともせずに、です。それならそれで自分が悪かったと謝るかと思えばそうではありません。彼は自分が正しいことをしているのに、私が体調を崩したり、泣く原因を作っている=つまり私が口でストレートに訴えずに子供っぽくぐずっている思っているのです。会話がないままにそう思い込んでしまうので、私は独り取り残されます。

やっぱり45歳が事情もなく泣いたら、おかしいんでしょうか。もっと強くなるべきでしょうか。泣くには事情が必要でしょうか。

男性は母親によく似た人を好きになるといいますが、出会った頃の私はとても義母さんに似た、自立した女性でした。弱音も見せませんでした。でも、それは外面の話で、家庭(元夫の前)では弱音も吐いたし愚痴ったし、精神的に頼ってばかりいました。亡くなった母の前ではできなかった反動かもしれません。普通のカップルや夫婦がどうなのかは知りません。夫には精神的に頼ってもいいのだと、相手も頼ってくれるのが当たり前だと思い込んでいました。

外の社会では輝いている女性(自分でいうのも変ですが、ほんとに仕事一筋という意味で輝いていたと思う)が自分の前だけでは本来の自分を見せてくれる、弱音を吐いてくれる、って男性としてうれしいことなのではないのでしょうか?

でもそれは間違い、もしくは、今の旦那の常識ではあり得ないことのようです。物質的には、数百キロ離れた病院まで車で送迎してくれたり、引き蘢りの私のために買物をしてくれたり、それこそ普通ではあり得ないぐらいのことをしてくれます。それを恩着せがましく言ったりはしません。逆に自立している義母さんのほうが「息子をこきつかって」とよく思っていませんが。

義母さんが人間的にでき過ぎているだけにつらいということもあります。大変な努力家で、自立しているし、定年まで働いていたこともあり社会性もあるし、高校で父親が亡くなってから女手ひとつで3人兄妹を育て上げたという意味でも、すごい人です。親戚のつてで仕事にめぐまれていたこともあり、今の家も持ち家で経済的にも自立しています。高血圧や骨粗鬆症を言い渡されたときも、3ヶ月待ってくれと主治医に言って、自力でジョギングで治してしまった人です。今もウォーキングを続けています。私にはとても真似できないエネルギーの持ち主です。どこをどう見間違えたら、私なんかを母親と似ていると思ったんだろう? 昨日曰く、「当時は恋愛に飢えていた」んだそうです。恋愛は目を曇らせるものなんですね。私は私で、彼が長男であることは頭の中になかった。(ちなみに前の夫も長男だったけど、私の母と同居してくれた。義両親もとてもよくしてくれた。)

もうひとつ、昨日散々話し合いをして愕然としたこと。体調がとても悪くて夕方まで寝ていても、食材が悪くなるという理由で這ってでも夕飯の支度をすることも多い。それすらもできないときは、自分は絶食。旦那にはお茶漬けで我慢してもらうけど。そこが「仮病」とまでは言わないけど「あなたは嫌なことがあると体調に出るタイプ」なんだと思うと言われた。それはつまりコントロールできるできないの違いこそあれ、仮病と大差ない。確かに這ってでも「仕事」はしない(できない=頭を使うから)。仕事は旦那が私の代わりをできるからだ。でも食材が無駄になるから、何かを作ってくれとか下調理して冷凍しておいてくれ、とは言えない。

その辺も、参ったな、と言う感じだ。


ジェイゾロフト、いったん半錠に戻そうか悩んだけれど、きょうは少し落ち着いているので、このまま離脱症状がなくなるまで戻さずに我慢することにしました。デパスは依存性があるのであまりよくないけど、こういうときには仕方がありません。飲むとかなり効きます。脚むずむずは、ジェイゾロフト由来のアカシジアである可能性も出てきました。というのは、きょうは少しましだからです。自分で鍼(円皮鍼)を脚に貼って、あとはマッサージやたたいたりして、なんとか我慢できる程度になりました。

※ちなみに、今私がブログに綴っていること、旦那が一番嫌っていることだ。つらい、悲しい、…etc.そういうことを表に出すことを一番嫌っている。構って欲しい病だと言う。旦那は私のブログを見ないようにしているが、見たら絶句するだろう。




今日の病状:手指むくみ■■□□□。指むくみあり。久々に関節痛あり。心が疲れているみたいだ。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。



なかのひと

line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

泣くよ!!

ろばさん
あぁ〜、泣きますよ〜!私60ですが、壁に向かってゴーゴーと泣きます。
何で泣くの?と自分に聞いてみても、答えが出なくて、寂しいから、悲しいから、たまらなく自分が可哀想だから?
この可哀想だからが一番合ってっているかも?
頑張っている自分をだ〜れも分かってくれないなんて子供の時に乗り越える感情を今この年で味わってますヾ(- -;)
甘える女が可愛いと思う男とりりしい女が好きな男が居るようですよ。
わが夫はたくましくてりりしい女が大好きみたい。
結局母親として甘えたいのは夫。妻はいつも甘えない強い女。
では私は誰に甘えるの?
ねっ、やっぱり私、可哀想でしょ?
だから時々泣くの。でも夫には甘えないの。無理だから・・・
夫をだめねぇ〜と甘えさすのが私の勤めかなと、やっと近頃思えるようになりました。
楽しい事さがそっ!!

自分の楽しみ見つけてね。

いい日も来るさ!

少し落ち着いたようで、良かったです。
ブログは書きたい事を書く場であり、コメントも書きたい人が書いてくれるもの。
いいじゃないですか、かっこ悪いこと書いたって、グチ書いたって。
旦那には言えない事をドカーンと放出して発散できる、貴重な場ですよ。
夫婦のことは二人にしかわからないこともあるけれど、外側からの意見を聞くのもいいし。

結婚して10年の我が家も、未だにオット(またはオット家)の知られざる実態が明らかになって愕然とすることがあります。
オットの方も、それは同じ事。
間を埋めるのは、会話と、お互いの妥協と、慣れかな。
ろばさんところも「散々話し合い」ができて良かったですよ。理解は次に置いといて、いっぱい自分の気持ちを聞いてもらって、旦那さんの気持ちもいっぱい聞き出しましょう。
ちなみに、我が家のオットに「私は体調悪くて料理できないけど食材もったいないから、なんとかしておいて」と言っても無駄。
「腐ったら捨てて新しいの買えばいい」と言われます。ゴホウビを提案したら、少しだけ努力してくれるかも、しれませんが。(笑)

私は働かないぐうたらなダメだらけの人間だけど、ブログを楽しみに読んでいるとコメントをもらったら、それだけでも存在する意味があるのかな、と思ったりします。
ろばさんに見せたい、と思いながら、らいおんのニクキュウ触ってきましたよ。

Unknown

はじめまして、おっこと申します。
*マザーさんの所から飛んで、時々拝見してました。

膠原病でも強皮症でもないので、失礼があったらごめんなさい。

私も、抗鬱剤は以前、数年飲んでました。
トレドミンとノリトレンです。
一旦は回復したのですが、ストレスが重なり、最近また不調です。
本当は、今も飲んだ方がいいのかも知れませんが、昨年腸閉塞になってから、便秘が怖くて飲んでません。
デパスとレンドルミンのお世話になって暮らしてます。

すごく疲れやすいのと、身体中が痛いので、慢性疲労性症候群か、筋繊維痛症かしら?なんて自己診断してますが、それらの専門医がなかなかないので、放置してます。
夫に言うと、「また病気を作ってる」と笑われるし。(笑)

専業主婦のお気楽さで、許されてる部分も大きいと思いますが、ろばさんは、お仕事もあるので、大変ですね。

>やっぱり45歳が事情もなく泣いたら、おかしいんでしょうか。もっと強くなるべきでしょうか。泣くには事情が必要でしょうか。

いえいえい、全然オカシクないですよ。
強くなろうなんてしなくたっていいと思うんです。
涙が出て、泣けるなんて、羨ましいかも。
私、ここで泣いたらスッキリするだろうな・・と思っても、泣けないんですもの。
ずっと泣いたらイケナイって自分を抑えてた習慣から抜けられないみたいです。
涙って、癒し効果があるんですって。
だから、理由なんて入りませんよ♪
いっぱい泣いて、癒されて下さいね。

>そこが「仮病」とまでは言わないけど「あなたは嫌なことがあると体調に出るタイプ」なんだと思うと言われた

私も同じタイプかも?です。
もしかして、嫌な事でも頑張って来たんじゃありませんか?
だから、もう、ここで身体と心が悲鳴を上げたと思って下さい。
充分頑張った結果だと。

立派なお義母様がいらして、比べると辛いかもしれませんが、人はそれぞれ、生まれながらに持ってる器の大きさ、キャパシティが違うと思うんです。
お義母さんは、すごく大きいんでしょう。。。
それと比べて、同じにならなくていいんです。

↑これ、全部、いつも自分に言い聞かせてます。
でも、なかなか受け入れられないんですけどね(苦笑)

ご主人様、お仕事で忙しくて、なかなか理解していただけないかも知れませんが、いつかきっと分かって下さる時が来ると思います。
うちの夫も、結婚して25年以上経った50過ぎて、やっと優しくなって来ましたから。(笑)
というか・・夫も弱って来たせいかな?

初めてなのに、長々とごめんなさい。。。
メールで・・と思ったのですが、アドレスが分からなかったので。。。

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line