** admin *** NewEntry **

ダンサーインザダークと夢

ダンサー・イン・ザ・ダーク

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」ドキュメンタリー映画とミュージカルを合体させたような映像。ビョークという日本では言えばCoccoみたいなアイスランドの歌手がシングルマザーの役を演じている。目が見えなくなるという遺伝を持った息子の目を手術するために、アメリカへ移住し安い賃金で働いて、せっかく貯めたお金を盗まれ、取り返そうとして人を殺してしまう。息子への気遣いから本当のことを言えず、死刑を執行される。最初から最後まで救われないストーリーなんだけど、最後、死刑を選んだ彼女は息子第一という気持ちが報われてある程度は救われたんじゃないか、という感じだ。

死刑執行のシーンはリアルだった。日本映画じゃやらないだろうな、というぐらい。


こちらは私の夢の話。私はからっきしのスポーツ音痴なので矛盾はたくさんあります。

地下鉄の改札を急いで抜けて降りていくと、そこはスタジアムで歓声でわき立っていた。4番打者のタクヤがホームランを打ったのだ。私はスポーツ記者で、4番打者のタクヤとつきあっていた。タクヤはルーキーで初めてホームランを打った。それまで、5番打者の中嶋悟に遠慮をしていたのだが、きょう炸裂した。私は張り裂けそうなぐらいの喜びを彼と抱き合って喜べないことに寂しさといらだちを感じていた。

チームも観客も彼に歓声を上げていた。その直後、彼がチームの規則を破ったことがわかり、次のツアーに参加を禁じられたという情報が。呆然と立ちすくむタクヤ。私は、彼を励ましたくて、そっと彼に近づき頬をひっぱたいた。そこを年配の記者にフォーカスされた。

付き合ってるなら連絡取れるはずだろうに、もっと彼に何かを伝えたくて、彼に近づくのが大変だというのは、別れたということだろうか。先輩記者が彼がキャンプに戻るタクシーを捕まえてくれ、私は強引に横に乗り込んだ。そして、彼に、もう一度ホームランを打ってくれと話した。彼はしょげていた。

なぜだか彼は許され、ツアーに参加できることになっていた。その列車に私は煮炊き女として乗り込んだ。その列車と並行して私は線路の上を飛んでいた。次の停車駅まで先回りしなければならなくて、すごいスピードで空中を飛んでいた。夢はそこまで。




今日の病状:手指むくみ■■■□□。20キロ自転車で往復してから3日間寝込んだ。背中痛。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。



なかのひと
line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

キノさんへ

お知り合いがいるんですね。怖いですね。最近、これが題材の映画が公開になったそうです。見たいような見たくないような。

飛ぶ夢はよくみます。しかし、たいがい高いところまで上るのに、今回は低空飛行でした。

死刑執行

死刑執行人の友人を持つ教師に、詳しく聞いたことがあります・・・リアルに伝わってくるとこわいですね!

たくやとの距離、なんででしょう・・・
夢の中って、走ってたり飛んだり!!素敵だ!!飛ぶ夢って感覚があって、起きてからもみょーなかんじですよ・・・
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line