** admin *** NewEntry **

ジェノサイド



「ルワンダの涙」というDVDを借りてきて見た。南アフリカのルワンダの内紛(部族間抗争)が題材。かなりえぐいので、TVではやらないと思われる。

直前に「ハンニバル」をざっと観たところだったので、殺戮のえぐさはマヒしていて平気だった。(ハンニバルはすごいよー。)映画は非現実と錯覚できるので。錯覚できない人には、かなり衝撃的な映像が続くと思う。

部族間の抗争で80万人が犠牲になったというから言葉を失う。日本の原爆犠牲者数より多い人数が、数日間足らずで、主にナタで殺された。

アメリカが、パキスタン人を教育して聖戦(ジハード)の意味を塗り替えたことで、過激派が誕生したのと似ている。白人が自分たちの都合のよいように、部族間の対立を煽る情報を流したことで、ツチ族とフツ族の対立が深まった。

日本でそういうこと(日本人の間で殺しあうこと)ってあっただろうか? 近代以降はもちろんないと思うけれど、戦国時代の戦はなんかちょっと違うような気がする。

そう思うのも、マヒしているからだろうか? 戦国時代なら殺し合いをしてもおかしくないというふうに感覚がマヒしているようにも思う。

自分の中の基準みたいなものがゆらいでいるようで怖い。

ちなみに、ホロコースト(ユダヤ人虐殺)の犠牲者は、1000万人を超えるそうだ。


今日の病状:手指むくみ■■□□□。左手人差し指の先端が割れて痛い。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。



なかのひと
line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

ぶりさんへ

今大義名分で大河ドラマは欠かさず見ています。「そのとき歴史」もたまに。歴史小説は昔はよく読みましたが、やはり面白いですね。

私も最近考えるようになりました。科学知識だけをあさってもそれだけじゃだめで、歴史を学ぶのもためになるみたいだって。

本は強迫性障害のため、あまり読めないのですががんばります。

お届けしたものは、

さらっと読み易い文章だと思います。

同じく学校時代の歴史、暗記するのが大嫌いでした。暗記なんて、頭脳の浪費だと思っていましたので。(^^; 今は、Wikiなどで確認できるので、大雑把に把握すればよいのかなと思っています。
そういえば、ある時、歴史小説・時代小説を読んで、そうだ、こういうアプローチで歴史に入っていてもいい!と考え直しました。 この世の中どうなっているという疑問が湧いた時、科学的知識だけでは十全じゃないかもしれない、文化や歴史の理解も必要かなとも考えたのでした。 この辺は、私の趣味の領域です。(^^)

PS.先のコメント、一部訂正します。
ロベスピエールが始めた国家総動員法による徴兵制、ナポレオンが継続・整備しました。(すみません。)

ぶりさんへ

なんだか私ごときがさらっと勉強するにはちょと深すぎますね。歴史苦手だったし。

でもいただいた資料で勉強してみます。

そう、

例の本にもざっと書かれています。
昔の戦争は、武器を持った兵士同士の戦いだったのが、近代戦、特に第2次大戦以降、航空機による爆撃で、国土ばかりでなくそこに住む住民も対象となったわけです。 戦後、航空機からミサイルに進化?したのはご存知の通りです。

戦闘員と戦闘の対象については、区分して考えたほうが分り易いかと思います。
戦闘員:↓国民皆兵による徴兵制をナポレオンが始めた件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B4%E5%85%B5%E5%88%B6%E5%BA%A6" target=_blank>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B4%E5%85%B5%E5%88%B6%E5%BA%A6
↓第一次大戦の犠牲者数
http://blog.goo.ne.jp/don2don/e/488d6d1f3180238c4c4ef428073a6815" target=_blank>http://blog.goo.ne.jp/don2don/e/488d6d1f3180238c4c4ef428073a6815

ぶりさんへ

本をありがとうございました。その辺のことも書かれていそうですね。

戦争の質が変わったとは気づきませんでした。まだぴんときませんが、職業であったか、市民も徴兵されたかということでしょうか。

犠牲になるのは、負けた側の市民ですものね。

緑茶さんへ

もっと昔の書物をよまなきゃと思うのですが、なかなかです。本が読めないのには、強迫も関係してます。

知りたいことはたくさんあるのに。

ご近所の集会所というのは、こちらも隋所にあります。畳の上で集会ってのも面白いです。

大雑把に言うと、

第1次大戦以降、一般市民も戦闘の対象に。 それ以前は、どこの国・地域でも、戦闘員と非戦闘員(一般市民)とが区別されていた。
例えば、戦国時代は、戦闘に参加せずに戦闘の様子を観戦している人々がいたからこそ、記録が残っているわけです。
20世紀に戦争の質が変わってしまったと言えます。

ついこの間まで

「死」ということに昔の人がいるならどう考えているのか聴けるなら聞いてみたいです。

あと投票所はうちのばあちゃんちにもそれに使われる家が近くにあります。集会場のようなところでそこが人の交流、選挙などの公共の場に使われるそうですね。

キノさんへ

確かに第二次あたりの日本はひどかったですね。
忘れてました。同じ有色人種に対して行ったことですからね。

見たことある〜!

えぐい・・。日本は戦国時代でも、ルールのような?潔い?戦いのような・・・。世界大戦の日本はえぐいよな・・・。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line