** admin *** NewEntry **

うーん、なんだかひどい世の中だ


向精神薬「リタリン」、適応症からうつ病除外へ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


またリタリンの話題です。私は、明日から通院などで遠出するのですが、その準備に手間取っています。体がだるく、気持ちもだるい。

しかして、リタリンを半分だけ飲んでなんとか14時過ぎてから、準備に取り掛かることができました。明るいうちじゃないとできない準備もありますし、お土産も会に行かなければならないし。

こうやって、社会活動をなんとかこなしている人もいるんだということを分かってほしい。

ハイになりたいからとか、多幸感を得たい、なんてそんな遊び半分の効果を得たいのではなく、切実に毎日の生活、特に社会生活を営むのに、どうしても必要になるときがあるのです。

今持っているリタリンがなくなったらどうしよう、と今から不安でたまりません。今の主治医は処方してくれないと思うし、上記の記事が本当ならば、病名を変えてもらわない限り無理でしょう。

かといって覚せい剤に手を出すなんて思ってもいませんし、せいぜいドリンク剤にはいっているカフェインを当てにするぐらいでしょうか。

私のような切実な利用者は、ほかにも多いと思います。それで社会が成り立っているともいえるのかもしれません。そんな声は届かないのでしょうね。

ちなみに、私は何かイベントがあるときのみ、人に迷惑が及びそうなときのみ、服用しています。あとの日は、だるさを我慢してなんとか生きています。

line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

遅くなりました

>ぶりさん
続々摘発されているようですね。

リタリンの代替薬があったとしたら、それもやはり同じ道をたどりそうな気がします。中枢神経を刺激する薬ですので。同じ効果ではなく、同じ結果を精神衛生的に産む薬を開発してほしいものです。

>ふみさん
精神科、心療内科の場合、保険証にハンコを押さないのが慣習なのです。やはり偏見対策なのだと思いますが。しかし、そのために、医者の梯子ができてしまうことになります。違う仕組みで重複受診を見つける方法を考えてほしい。

リタリン

私も驚いてます。抗うつ剤として処方されないなら、困る人も多いのでは・・・。医師が重複して出さないなどすればよい事なのに安易に出す医師のおかげで振り回されるのは納得がいきません。
睡眠障害で出してくれるといいですね。

そうそう、

安直な投薬で荒稼ぎしているクリニックなどの医療機関こそ厳しく査定されなきゃいかんのに、薬そのものを取り締まるのって、本末転倒ですよね。 日本の医療と医療行政が変なのは、今に始まったことではありませんが、やっぱり変だ。

現実問題として、リタリンの代替薬が必要ですよね。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line