FC2ブログ
** admin *** NewEntry **

タクシージプシー、骨粗鬆症の恐怖、雪かきの行動療法

昨日、大雪の中通院でした。幸いタクシーの運転手さんがベテランの方で、いつもより5分かかったぐらいで到着しました。さすが。

昨日は精神科だけの受診で、やはり元気が欲しいので、先生と相談の結果エビリファイを3mmから6mmに増やしてみることにしました。プラセボもあったのかなぁ、エビリファイを飲み始めた昨年冬は、すごく活動できたのですよね。それが1月に入って全然だめで…。今回増やしたことで少しでも元気が出ると期待したいところです。


こちら大雪なんですが、慢性疼痛のため雪かきは放免させてもらっていました。というか、無理をして苦しむことになったら、旦那に叱られるので我慢していました。本当は雪かき、結構好きなんです。

それが、昨日のカウンセリングの中で、5分間だけ雪かきをしてみる、という課題に挑戦することに決めました。
・5分だけなら、体への負担が小さい
・多少のトレーニングになるはず
・強迫性障害の行動療法の1つにできる
・旦那や地域に、微かながら貢献できるという思いがプラスに働くはず

というわけで、昨日、5分間だけ、って思いながら、スコップを持ったのですが、結局きりのいいところまでやってしまい、20分ぐらいは格闘していたと思います。きょうはボロボロではあるけど、精神的によい感じなので、課題の効果はあるようです。

きょうもかなり降っていますが、タイミングをみて、外に出てみようと思います。




ところで通院の帰り、タクシージプシーになってしまい、たった1キロちょっとの距離なのに、1時間もかけて家にたどり着きました。

薬局からだとタクシーを呼ぶのに1時間以上かかるので、いったん病院まで歩いて戻り、病院のタクシー乗り場で乗ります。そこから近所のスーパーまでで一旦降り、買物をし、スーパーから家までまたタクシー、というのがいつものパターンなのですが…。


今回はスーパーでタクシーがつかまらず、2社ほどに電話をしましたが誰も出てくれず、仕方なく近所のタクシー会社の基地まで歩きましたが、タクシーが10台ほど雪に埋もれていて、誰もいません。絶望して、明日からしばらく寝込む覚悟で、重たい荷物を両手に、薬などの入ったリュックをしょって、よたよたと歩き始めました。

たった1キロ弱とはいえ、雪の中歩きづらい長靴を履いて、転ばずに歩ける自信はありませんでした。幸い車の往来は少なく、雪かきをする人がポツポツといるぐらいで、なるべく新雪の場所を選んで、ざくざくと歩きました。昔は転ばない自信があったんですが、いまは骨粗鬆症ですから、一度でも転んだら恐らくアウトです。


荷物を持って歩くのは背中にきますので、たぶん明日ぐらいから寝込むんじゃないかな、という予感です。痛みが出ることがわかっているので、事前にボルタレンを飲み続けています。

今後のタクシー対策として先ほど iPhone にアプリを入れたところです。行きのタクシーで、アプリだとすぐに呼べると教えていただいたのです。一月前の大雪のときはWebからの予約が受け付けてもらえなかったのですが、アプリだと機械的に配車するので確実だということでした。



大家さんの生け花 

IMG_9754IMG_9754
line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line