** admin *** NewEntry **

世界疼痛学会 ASP2016



IASPを知ろう IASPとは | IASP2016


こんな組織があったのですね。知りませんでした。見たことあったのかもしれないけど認識してなかったと思う。
The International Association for the Study of Pain® では、疼痛研究・疼痛管理をテーマにした国際会議を開催します。
The World Congress on Pain® は、参加者がこの重大なテーマについてそれぞれの考えや研究成果、知見などを共有する場です。その為、数千名におよぶ専門家から直接知識を得ることができ、専門家とのネットワークを構築できるまたとない機会となっています。
International Association for the Study of Pain®活動目標

Working together for pain relief throughout the world
(疼痛緩和のために国境を越えて協力)
使命

IASPは科学者、臨床医、医療従事者、政策立案者をひとつに束ねて、疼痛研究の奨励・支援を行なうとともに、そこから得られた知識を世界の疼痛緩和の向上に活用します。
学会の紹介

The International Association for the Study of Pain®(IASP)は、疼痛分野における最大規模の学際組織です。IASP は、2016年9月26日~9月30日にパシフィコ横浜で、The 16th World Congress on Pain® を開催します。
IASPは疼痛分野の研究、臨床治療、教育を行なう世界的な専門家フォーラムです。130か国から7,000名以上が会員となっており、90か国に支部を持ち、20の専門分科会(SIG)があります。
本学会では、世界中から5,000名以上の疼痛専門家が横浜に集まり、実験科学から臨床診断、管理、予防など疼痛のあらゆる分野の最新情報を発表します。
学術プログラムではプレナリーセッションのほかに、テーマ別ワークショップとシンポジウム、リフレッシャーコース、ポスターセッションなどが行なわれ、基礎科学から臨床治療まで急性・慢性疼痛のすべてを網羅しております。


公開される情報は追いかけていきたい。痛みも「病気」だという考え方を唱える先生がいることを知ってから15年ぐらい経つと思う。今は痛みに対する認識がどこまで来ているのかしら。私にも理解できる言葉で語ってくださっているといいけど。

line
line

コメント

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
sub_line