** admin *** NewEntry **

実施まで早かった…未承認薬5種類の保険適用決定

★ 9ヶ月短縮…期待していいの?

未承認薬5種類の保険適用決定 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

今回、「ジェムザール」「ゼローダ」「ハイカムチン」「エンドキサン」「ワーファリン」が認められた。
新しい仕組みの導入で、厚労省は保険適用までの期間が約9か月短縮すると見込んでいる。


だそうだが「海外で広く使われている薬を早期に利用できるようにするため」とのこと。決まってから実施までが早かったのはすごく期待できる変化だと思う。

前にも紹介した記事 海外普及薬、承認前でも保険適用 : 医療ニュース でも

日本で未承認の薬や、一部の病気への使用に限られている薬のうち、患者団体や学会から要望があった計374件について検討している。このうち今月3日、臨床試験(治験)を省略して早期に承認すべきだと結論づけた「ジェムザール」など5種類7件については、製薬企業が11月までに承認申請を提出し、通常のスケジュールでは保険適用は来春になる見通しだった。今回提案された仕組みでは、今月26、30日に開かれる薬事・食品衛生審議会部会が安全性や有効性を認めた時点で、保険適用薬として使えるようになる。通常の場合、医薬品は承認された後に保険が適用される。 と説明あり。


この辺の詳細についてはイラストで分かりやすい資料あり。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/06/dl/s0623-3a.pdf

未承認薬・適応外薬の開発要望評価が難航 - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン
「適応疾病の重篤性」と「医療上の有用性」の観点から医療上の必要性を評価。「生命に重大な影響がある疾患(致死的な疾患)」「既存の療法が国内にない」などの基準を満たしたものについては、国が企業に開発要請を行う。

副作用など患者側の立場からの問題を知りたい場合
何か足りない、「ドラッグ・ラグ」の議論|ニュース|ロハス・メディカル
 ・ 未承認薬をどうするか
 ・ 医療費は増えるか
 ・ 医師の裁量権を拡大するか
 ・ 患者に不利益はないか
 ・ 副作用被害を防止、救済できるか
 ・ドラッグ・ラグは解消するか
厚労省の担当者は、今回のスキームで保険適用が認められた医薬品についても副作用被害救済制度の対象になるとしながらも、「抗がん剤は除外」という現行ルールを説明した。


「医療上の必要性が高いとされた品目に係る 専門作業班(WG)の検討状況」リストに上がっている薬品が分かります。
8月22日の資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000inni-att/2r9852000000intm.pdf

それ以前の資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000inni-att/2r9852000000inqw.pdf


資料をやたら挙げてしまったが、これで読み解けるかな?

並行して昨日トラマドールを半年分45,000円也注文してしまった。だって在庫切れだと1ヶ月以上待たされるんだもん。


今日の病状:手指むくみ■■■■■。背痛。浮腫みこれだけひどいと細かい作業ができないよー。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。


line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
googleサイト内検索
Loading
line
医療ニュースCB
line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
荷物追跡
powered by 送料の虎
line
sub_line