** admin *** NewEntry **

だつこう

リリカ、追記


抗てんかん薬や抗うつ剤がよく除痛に使われたりするのですが、これって、「炎症が起きているから痛い」という普通の痛みの起こる機序とは違う「脳が勝手に痛いと思い込んでいる」のをなんとかするために有効なんだそうです。

痛みと鎮痛の基礎知識 - Pain Relief ー抗てんかん薬

ここに詳しい抗てんかん薬の種類が書いてあります。私もリボトリールを飲んでいたことがあります。飲み始めの副作用はかなり強くて、ふらふらになりました。


ところで昨日書いたリリカですが、適用範囲の広いお薬なので(てんかん、神経因性疼痛)、どの病気の適用になるかによるとは思いますが、かなりの患者数が見込めるはずで、それを調査するための販促という意味だったのかな?とも取れます。それがないと、薬価収載の申請資料が作れないからです。初年度どのぐらいの患者数&売り上げが見込めるか、といった数値が必要なのです。競合であるガバペンをはるかに上回る効果と副作用の弱さが売りですから、ガバペンより高いことは間違いないと思いますが、それ以上は様子見するしかなさそうです。


体調、その後

ちょっと汚い話でごめんなさい。

実は私の痔というのは、若いころからの脱肛で、よくなったり悪化したりを繰り返してきた。うら若き乙女?が座薬携帯で仕事に走り回っていたのだ。スキーもつらかったなぁ…。歩くの大好きだったから、足は持つけど先にお尻が悲鳴をあげていた。

その後パキシルを飲み始め…
もともと便秘症ではなかったので、パキシルを飲むとよく便秘になると言われているけれどそれはなく、便がコロコロ状態でお尻にはよい状態になった。

それがパキシルを止めてから、便通の様子が一変し、毎日あまりよい便ができていない。ずーっとである。おなかがしぶるようにすっきりしない。焦燥感のせいなのか、お腹の調子のせいで焦燥感を感じるのか自分でもよくわからない。安定剤を飲むと焦燥感だけは少し落ち着く。これも離脱症状の一環なのだろうか?

で、そんな状態だからお尻はどんどん悪化していった。9月から始めたジョギングもお尻にはあまりよくない。ウォーキングのほうが本当はいいのだ。だから、ここ数日、また病院に行くかどうか悩んだりして、ちょっと鬱鬱している。嫌だよなぁ、病院。

切っちゃえばいいやって以前勇気を出して行ったけど、今は切らなくても治ると言われて、漢方と座薬を出された。ほどなくよくなった。でもすごく根気が必要だった。

それでね、おとといから、すごく面倒だなぁと思ったけどお尻の運動を始めた。昔から存在は知っていたのだけれど、続かなくて、面倒で。でも、今度こそは続けてみようと思って、夜音楽を聞きながら3曲分だけ頑張ってみることにした。つまりね、お尻の筋肉を鍛えないと、何度切っても再発するわけで、お尻に筋力をつければ原因から治せるということみたいです。

続くかなぁ。続けなきゃなぁ。

それにしても私の身体、不調だらけです。パキシルやめてからって気がする。うーん。


脱抗うつ薬

こっちの脱こうは、字違い。

抗うつ薬の罠(わな)〜副作用1400日の闘い〜2009年10月26日放送〜

3さんに教えていただいた放送を観ました。現在の精神医療は精神科医の勉強不足が原因で、多剤併用投与が一般的になっていて、患者は元の症状+薬の副作用+長期に渡る闘病生活での精神負担と3重の苦難を強いられることになるというのが現状。

以前ほかの番組でも登場していた医師が、精神医学学会でも発表していたけど、ちゃんと聞いてもらえたのかな? 一部には、多剤併用でさじ加減を微妙に工夫して治療されているお医者さんを知っていますが、この方は入院治療でちゃんと観察しながら投与&調整されています。そうでなければ、通院で多剤併用というのは危険らしい。製薬会社とのしがらみをどんだけ断つことができるのか、中立で医療を行えるのか、知識も大切だけれど、その辺も頑張って欲しいと思う。




今日の病状:手指むくみ■■■□□。
…むくみは5段階評価を黒四角でインジケート、■が多いほど不快です。



なかのひと

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
googleサイト内検索
Loading
line
医療ニュースCB
line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
荷物追跡
powered by 送料の虎
line
sub_line