** admin *** NewEntry **

休息/活動スイッチのバロメータ


きょうは比較的調子がよいので、とりとめなく…

3月入って少し調子よくなったかな?と思ったのもつかの間、億劫で動きたくなく、やっと動いても根気がなくてすぐに横になってしまう。たいがい動ければ加速度がついて、1日ぐらいは持つのだけど、今回はダメだ。億劫さに効く薬はないらしく、先生もお手上げ。今回はもう3ヶ月になるので、さすがに焦っている。

好きなことすら億劫で億劫でできない。

とにかく旦那が栄養失調で倒れたら困るので、夕飯だけは這うようにして準備している。
10食品群チェックシートが結構便利で、壁に貼ってある。これを見ながら献立を適当に考えると比較的ラクなので助かっている。



先日のカウンセリングで、年明けに書いた「うつっぽいときの特徴」のことを言ってみた。それを休息/活動スイッチのバロメータにするとよいとアドバイスされて、少し気が楽になった。だって、いつまで休んでいて許されるのか、それがわからない追い詰められ感で辛かったから。

・香水や、ピアスをつけたくなった
・音楽が聴きたくなった
・ペン習字や筆記体が書きたくなった
・体が柔らかくなった

これらができるようになるまでは、活動せずにじっと休んでいること。焦ったり、罪悪感を感じたりしないこと。自分に罪悪感を持つのは無駄。焦っていては休んだことにならない。

わかってはいるんだけど、なかなか「ゆったり」と休のは難しい。もしかすると、そんな休みかたができる人は、結構天才なのかもしれない。



今朝、旦那がこんな本が出たよと教えてくれた。

痛覚のふしぎ 脳で感知する痛みのメカニズム (ブルーバックス)

「痛い!」と感じた瞬間、体内では何が起こっているのか?(伊藤 誠二) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)
で解説されているのを読んだら、なんとなく慢性痛を持つ人の特徴として腑に落ちるような気がした。感情的、主観的な記憶が慢性痛を産むのだとしたら、くよくよする人がなりやすいのかも。今まで出会った慢性疼痛の友人でノー天気な人は皆無だったと思う。


そういうメカニズムの解説だけだったら読んでも面白いだけ。一応、慢性痛の治し方についてではないけれど、付き合い方についても書かれているとのことなので、余裕ができたら読んでみたいな。



昨年の写真が出てきた。20代のころからの癖で、ぬいぐるみ売り場に行くと、ひたすら同じ方向にきれいに並べ直したくなる。この歳になっても治らない。

これは植物園のお土産売り場 

R0016303


line
** admin *** NewEntry **

通院


通院。間質性肺炎、昨年から進んでなかった〜

おとといの豆乳 

IMG_8495IMG_8497
line
** admin *** NewEntry **

又吉さん


楽天Kobo でポイントがもらえたので、久々に電子書籍を買ってみた。なんでもよかったんだけど、又吉さんの「火花」が目に留まったので、それにした。

買ってはみたものの、ダウンロードするまでが億劫で、2、3日かかり、そこからやっと開いて読むまでに、さらに2、3日かかり、昨夜やっと1章を読み終わった。さすが芥川賞だけあって、文章の技巧の面白さを久々に味わった。文学だ〜〜〜〜〜〜

でも、しかし、根気が続かない。

年明けてから、洋楽もあまり聴いてないし。

カウンセラーの先生への餞別に何かハンドメイドしたかったんだけど、考えるだけで実行に移せず、もう来週に迫っている。


そうだった。こういうとき「〜ができなかった」じゃなくて「〜だけはできた」みたいに考えないとね。


そういえばね、旦那との関係がこの歳になってやっと、大人な感じになってきた。カウンセリングのお陰だと思う。それと、根気よく話を聴いてくれてた友人のお陰…


Koboと「火花」は容量がでかいので、早く読んで iPad から消さないと〜

line
** admin *** NewEntry **

カウンセリングの効果と成果


双極性障害、2月後半、まだウツっぽさから抜け出せていない。消えてしまいたい、とかそこまでじゃないのだけど、体が重くて動かない。旦那の食事のため、とか、洗濯、とか、そういうきっかけがないと動けない。好きなことすら、できない。あーーーーーー人生がもったいないーーーー。これじゃただの怠けもんだ。

きょうは、てにをはがめちゃくちゃなのは別として、ちょっと長文が書けそう。


ここ数年は環境自体が不安定で過酷だったから、薬の効果がきちんと得られているのかも不明なまま、次々と気分安定剤を試していった。副作用のほうが先に現れるから、効果があるとしてもそれは副作用を乗り越えてみないとわからない。

代表的な気分安定剤のリーマス。映画でリチャードギアが飲んでたやつ。私は確か吐き気の副作用で中止。第2選択薬のセロクエルはかなり自分に合うように感じた(やたら活動的な期間が長く続いた)のだけど、体重増加の副作用で中止。第3のジプレキサだったかデパゲンだったかは恐ろしいほどの胃もたれ(胃もたれを侮ってはいけない、ほんとに辛い)で即中止。

結局、確率的に最下位(8人に1人の割合で効果あり)の第4選択薬、ラミクタールを飲みはじめて今月で丸3年になる。幸い目立った副作用はなく、気分の波はまぁまぁ落ち着いているように感じる。先生は「低め安定」がいいと言うけど、本人としては「低め」は勘弁して欲しい。せめてニュートラルより少しでいいから上を行きたい。あの全能感に満ちた躁状態も魅力的だが、結果的に生産的ではないことがわかっているから、せめてちょい高の安定ぐらいを希望したい。

3年半ぐらい前、主治医の治療方針が変わったときに、投薬にカウンセリングの併用を勧められて現在に至る。

環境は、これ以上変えようがないところでほぼ落ち着いているので、あとは、いかにこれからの人生をやり過ごしていくか…なのかなぁ。


カウンセリングは前半の1年半ぐらいは録音があって、聴き返しながら、目的を改めて思い出してみた。私の場合は、幼い頃からの事象を語り、それを踏まえて現在の事象を語りながら、ぼんやりとした理解を整理して、心の癖を修正し続けつつ、自分のコア=芯の部分をいかにぶれずに保っていくか、そんなところだったと思う。自己肯定、自立。

前回、現在のカウンセリングの先生とのセッションがあと2回ということで、「まとめ」をお願いした。上記の成果はあったと思う。

結局、何か次のイベントがあるたびに、私は自己否定の癖を繰り返し繰り返し、してしまいながらも、なんとかこの3年半生きてこれた。かなり情けない結果だけど、人生の半分を「そんな風に」生きてくるしかなかった結果なのだから、あれもそれも自己否定の思考の癖だよ、と先生が繰り返し言ってくれている、そんなセッションだった。先生がよくもまぁ、何度も逆戻りし繰り返しする私に付き合えたのは、「それが仕事だから」ということだ。そりゃそうだよね。とにかく感謝。


いま、体が動かないのも、精神面のエネルギーを消耗したツケが来ているのだろう、と、先生は言ってくれる。そう言ってくれるだけでも救われるよ。


こないだ作った小松菜と車ふの和え物 

FullSizeRender


line
** admin *** NewEntry **

「おつかれさま」コップ

IMG_8473

英語で直接「お疲れ様」っていう言い方はないのね。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ろば

Author:ろば
びまん型全身性強皮症慢性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)双極性障害II型強迫性障害。趣味は習字と実験。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
リンク集
line
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
googleサイト内検索
Loading
line
医療ニュースCB
line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
月別アーカイブ
line
荷物追跡
powered by 送料の虎
line
sub_line